イヴォンヌ・ヤハテンベルフ

人物・団体ページへ

とくべつないちにち 世界の絵本

イヴォンヌ・ヤハテンベルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062626026
ISBN 10 : 4062626020
フォーマット
出版社
発行年月
2005年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
30cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

アルノは、緊張しながら教室に向かって歩いている。初めての学校、初めての友だち。何もかも慣れないことばかり。このまま家に帰っちゃおうかな…。さあ、アルノの1日は、一体どんな日になるのかな。

【著者紹介】
イヴォンヌ・ヤハテンベルフ : 1967年、オランダ南部の都市ティルブルフに生まれる。銀行員だった父の仕事の都合で何度も転校を経験したイヴォンヌは、学校はまったく好きではなかったが、絵を描くことは大好きで、のちに造形芸術上級職業学校に入学。1994年に初めて子どもの本に絵を描き、児童書のイラストレーターとなる。『とくべつないちにち』は、初めて絵も文も自分で手がけた絵本作家デビュー作。2001年にはこの作品で月間羽飾り賞(Pluim van de Maand)を受賞し、続く2002年には、本作品と次作『ぼくのうさぎ(Mijn konijn)』で、新人奨励賞であるシャーロット・ケーラー奨学金を受けた。また、本の挿絵や装丁のほか、子ども用家具のデザインも手がけ、現在、彼女が考案したキャラクターを描いた家具やテキスタイルは、世界各地で販売されている

坂野悦子 : 1959年、東京に生まれる。「本を読むこと」と「英語」が好きだった。1985年オランダに渡り、オランダ語の絵本と出会う。その後フランスに引っ越し、1990年に帰国。今でも、人や本との出会いを求め、オランダ、ベルギー、フランス、イタリアを行き来している。『おじいちゃんわすれないよ』(ベッテ・ウェステラ/文・ハルメン・ファン・ストラーテン/絵・金の星社)で、第50回産経児童出版文化賞大賞を受賞。また、「紙芝居文化の会」運営委員として、「カミシバイ」を世界に愛されるものにしようと、国内外で活動をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    転校生のアルノが初めて学校に行く日。なかなか馴染めません。みんなの行為が重い。気持ちがついていけない。もう、帰りたい……。でも、あることがきっかけになって、楽しい気持ちになってきました。輪の中に入るのが得意じゃないのは子どもだけじゃない。そんな気分がさらりと描かれた本。どんなことでも〈初めて〉は〈とくべつ〉。オランダ出身の作家さんのデビュー作2005年3月初版。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    はじめての学校はドキドキだらけ。このまま家に帰っちゃおうかな… ■あー わかる〜。既存の集団に一人で加わるのは、大人でもちょっと心細いものですよね。ルールや慣習を掴むまでの落ち着かなさったら。■アルノ君は転校生? あるいは、就学時期(年齢)を親が選べる国もあるから 就学の日かも知れませんし、それとも病気とかで今まで登校できなかったのかな? 愛らしいアルノ君をいいこいいこしてあげたくなります。■色んな境遇の「初めて登校する子」や受け入れる側の子にも優しく寄り添うお話でした (ღ′◡‵) (2001年)(→続

  • サルビア さん

    以前に読んだアルノーを主人公とした一作目のようです。アルノーが初めて学校に行きました。教室の窓からオオカミの顔がのぞいて、何だか教室に入りたくないアルノーでしたが、ドアをそっと叩いてみると、「はーい、だれですか?」という声が聞こえ、女の先生がアルノーを紹介します。アルノーはみんなに見つめられ、このまま帰っちゃおうかなと思いました。最初、学校はアルノーにとってやりたくないことばかりでしたが、オオカミのお面をかぶって「オオカミと赤ずきん」をやっているうちに何だか楽しくなってきます。

  • いっちゃん さん

    やりたくないこともやっていく。それが集団生活だけど、改めて子供目線で言われると、考えさせられるな。

  • mntmt さん

    オランダの絵本。2〜3回読んだら、良さがじわじわとわかって来た。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イヴォンヌ・ヤハテンベルフ

オランダ南部の都市ティルブルフに生まれる。アルネムの芸術学校を卒業後、作絵ともに手がけた『とくべつないちにち』を2001年に、『ぼくのウサギ』を2002年に発表。オランダ国内で数々の賞を受け、日本でも『とくべつないちにち』が2006年に青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(低学年の部)に選ばれた

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品