イヴォンヌ・シュピールマン

人物・団体ページへ

ヴィデオ 再帰的メディアの美学

イヴォンヌ・シュピールマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883032990
ISBN 10 : 488303299X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
489p;22

内容詳細

映画映像やコンピューター映像とは異なるダイナミズムを持つヴィデオ映像の宇宙の解明。全てを「デジタル革命」に回収する安直なメディア史的展望を排し、ヴィデオのポテンシャルを解き放つヴィデオ研究の最重要書。

【著者紹介】
イヴォンヌ・シュピールマン : ドイツ生まれのメディア学者・芸術学者。フランクフルト大学に学ぶ。ハノーファー大学で哲学博士号を取得し、1997年には間メディア性に関する研究によりコンスタンツ大学で教授資格を取得。2007年までブラウンシュヴァイク造形芸術大学で教授を務めたのち、現在は西スコットランド大学(イギリス)の研究教授としてニューメディア講座を担当、テクノロジー・メディアとアートをめぐる国際的な研究を牽引している

海老根剛 : 東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程修了(ドイツ語ドイツ文学)。博士(文学)。現在、大阪市立大学大学院文学研究科准教授。専門は20世紀前半のドイツ語圏における身体文化論および映像論

柳橋大輔 : 東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得退学(ドイツ語ドイツ文学)。現在、早稲田大学・東京理科大学・明治学院大学非常勤講師。専門は近現代ドイツ文学、メディア文化研究(映画言説史)

遠藤浩介 : 学習院大学人文科学研究科満期退学(ドイツ文学専攻)。現在、学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科助教。専門はドイツ文学・思想(20世紀初頭)、メディア論(文字論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イヴォンヌ・シュピールマン

ドイツ生まれのメディア学者・芸術学者。フランクフルト大学に学ぶ。ハノーファー大学で哲学博士号を取得し、1997年には間メディア性に関する研究によりコンスタンツ大学で教授資格を取得。2007年までブラウンシュヴァイク造形芸術大学で教授を務めたのち、現在は西スコットランド大学(イギリス)の研究教授として

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品