イヴァン・アレクセーエヴィチ・ブーニン

人物・団体ページへ

たゆたう春、夜 ブーニン作品集

イヴァン・アレクセーエヴィチ・ブーニン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784905821939
ISBN 10 : 4905821932
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,316p

内容詳細

崩れ去っていく美しいロシア、時代の波に押し流されていく異郷のロシア人の姿を、美しい旋律を奏でる物語が包み込む。失われゆくものの残像を永遠に刻み込むノーベル賞作家円熟期の中短編集。

【著者紹介】
イワン・アレクセーエヴィチブーニン : 1870‐1953。中部ロシアの貴族の家系に生まれ、ほとんど独学で作家となる。貴族社会の崩壊や農村の荒廃を描く中短編小説でチェーホフの後継作家とも目されて高く評価され、豊かで美しいロシア語の伝統を引き継ぐ作品を生みだしていったが、ロシア革命による社会の激変をまのあたりにし、祖国を去ってフランスに渡った。その後、ナボコフの一世代上の亡命作家を代表する存在として独自の作品世界を作りあげ、1933年にロシア人で最初のノーベル文学賞作家となった

岩本和久 : 専門は現代ロシア文学。現在、稚内北星学園大学情報メディア学部助教授

吉岡ゆき : 通訳・翻訳家

橋本早苗 : 翻訳家

田辺佐保子 : 翻訳家。現在、成蹊大学などで講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • snow さん

    しみじみとした、味わい深い数々の作品を堪能できた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品