対テロ金融戦争の虚妄

イブラヒム・ワルド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784879191748
ISBN 10 : 4879191744
フォーマット
発行年月
2008年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
立木勝 ,  
追加情報
:
20cm,422p

内容詳細

国際テロ資金ネットワークの中核に一撃を加えた!?9.11テロ攻撃以後、ブッシュ政権が実施した一連の金融取り締まりは、百害あって一利なしだった。資金源を絶ったはずのテロ活動が、いっこうに減らないどころか、ますます増えているのはなぜか。対麻薬戦争で使った手法を“利益のための犯罪”とは無縁な対政治テロに適用したことの根本的な失敗を詳細に例証する。

目次 : 金融戦争の霧/ 1 テロ資金供与という神話(ファンタジー、フィクション、そしてテロ資金供与)/ 2 金融戦争の交戦規定(犯人のでっち上げ―金融領域の地勢/ 欠陥だらけのマネーロンダリング・テンプレート)/ 3 物語と力学(金と対テロ戦争の物語/ 常連容疑者/ 金融戦争の力学)/ 4 戦争とその影響(標的と二次被害/ 「ゲーティッド・ファイナンス」をはじめとする金融戦争の諸矛盾/ イスラム教慈善組織の問題)/ 5 評価と勧告(「破滅的成功」―金融戦争の評価/ 資金とテロ再考)/ 最後の幸福な戦士たち

【著者紹介】
イブラヒム・ワルド : タフツ大学フレッチャー法律外交大学院非常勤教授(国際ビジネス)。金融専門誌『インスティテューショナル・インベスター』コースディレクター。『ル・モンド・ディプロマティーク』に数多く寄稿している

立木勝 : 京都市出身。公立中高の英語教諭、英会話学校職員を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メルセ・ひすい さん

    10. 30 マネーロンダリングという用語は米国マフィア 『対麻薬戦争』の時期‘82 に! 政治テロの動機は金ではない! 資金源を絶ったはずのテロ活動が、減らないどころか増えているのはなぜか。対麻薬戦争で使った手法を「利益のための犯罪」とは無縁な対政治テロに適用したことの根本的な失敗を詳細に例証する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イブラヒム・ワルド

タフツ大学フレッチャー法律外交大学院非常勤教授(国際ビジネス)。金融専門誌『インスティテューショナル・インベスター』コースディレクター。『ル・モンド・ディプロマティーク』に数多く寄稿している

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品