中央線は今日もまっすぐか?オレと遠藤ミチロウのザ・スターリン生活40年

イヌイジュン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401649358
ISBN 10 : 4401649354
フォーマット
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
283p;22

内容詳細

バンド誕生から遠藤ミチロウの最期まで
当事者しか書けないザ・スターリンの真実!!
貴重な写真と詳細なデータが満載!!

伝説的パンク・バンド、ザ・スターリンのフロントマン、遠藤ミチロウが亡くなって1年。
オリジナル・メンバーのイヌイジュン氏がザ・スターリンの実態を自ら描いた1冊。
遠藤ミチロウとの出会い、ザ・スターリン結成、曲作りの実態、伝説ライヴの舞台裏、現行犯でメンバー全員逮捕、解散の真相、そして遠藤ミチロウの最期まで。日本のロック史上最も危険なバンドの素顔に迫った決定版。

【内容】
●遠藤ミチロウとの出会い
●ザ・スターリン前夜
●1980年、みちろう、金子、晋太郎、おれの時代
●「trash*」
●爆裂都市
●「STOP JAP」
●ザ・スターリン最後の日々
●ミチロウがいなくなった世界

【著者紹介】
イヌイジュン : 乾純。ドラマー、建築家。日本のパンク・ロックの象徴として一世を風靡したザ・スターリンを、80年、遠藤みちろう(ミチロウ)と二人でスタートさせる。バンドの激烈なステージはメディアでも頻繁に話題になったが、メジャー・デビュー直前、最もザ・スターリンらしいと言われる激しく演奏も充実した頃、イヌイは歌手のミチロウよりさらに「過激」とされた。85年のバンド解散まで断続的にザ・スターリンに加わり、2019年のミチロウ死去をきっかけにザ・スターリンX、ザ・スターリンYを組織、積極的な音楽活動を行っている。1959年9月24日、兵庫県尼崎市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 秋 眉雄 さん

    これこれ。これが正しいロックなビルドゥングスロマン。スターリン、遠藤ミチロウに関してはこれこそが読みたかったという一冊。金子アツシが遠藤ミチロウに対して放ったというあまりにロックな必殺フレーズ『時代遅れ!』には笑った!仲良しこよしが薄気味悪かった時代。逆に今、みちろうさんのとった『疎遠な感じ』というのも物凄く腑に落ちるエピソード。バンド関連本では『チェッカーズ』以来の面白さ。

  • いまぷ@神戸元町コネクトロン さん

    ライブの記録にページ費やしすぎ!半分のスペースに押し込めばいいぢゃん!と読み始めは感じたけど、そのうち一緒にツアーを追いかけている感覚になってきた。2020年(つまり今)に予定されていた解散ツアーのスケジュールが最後をしめくくり、コロナ騒ぎで順延となったということはスターリンというバンドに終止符をまだ打たずに済むということね。ミチロウが言葉の人であるとは誰もが持っていたイメージだろうけど、詩と歌詞と言葉の塊(音)を使い分けていたのだなあ。原発問題との関わりは、ここまで言わんとわからんのか、という諦観であっ

  • Eiki Natori さん

    私も参加した昨年11月の官邸前のデモで、突如紹介された伝説のパンクバンド、スターリンの金子アツシさんとイヌイジュンさん。音楽に政治を持ち込むなと言われている日本社会で、表立って参加したことに感動を覚えた。この本では、結成前の話から東北から回ったツアー、爆裂都市やメジャーデビュー時に歌詞を書き換えさせられた話など、本人の口から語られる貴重な話の数々。その後の安倍政権に対する政治活動についてまで、独特の文体で書き下ろされている。カッコつけもなく、誇張無く、等身大の内容で好感が持てる。実は常識人な点も垣間見える

  • はらだともこ さん

    読了。

  • borracho さん

    イヌイジュンさんの本と聞いて、躊躇なく購入。高校時代のあんな事、こんな事の裏にこう言うことがあったんだなー、と自身の学生時代を振り返りながら、読了。やはり、遠藤ミチロウは言葉の人であったと言うのを再認識。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イヌイジュン

乾純。ドラマー、建築家。日本のパンク・ロックの象徴として一世を風靡したザ・スターリンを、80年、遠藤みちろう(ミチロウ)と二人でスタートさせる。バンドの激烈なステージはメディアでも頻繁に話題になったが、メジャー・デビュー直前、最もザ・スターリンらしいと言われる激しく演奏も充実した頃、イヌイは歌手のミ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品