イヌとの暮らしを楽しむ会

人物・団体ページへ

イヌの気持ちがおもしろいほどわかる本 扶桑社文庫

イヌとの暮らしを楽しむ会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594057404
ISBN 10 : 4594057403
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
追加情報
:
16cm,223p

内容詳細

イヌが片方の前肢を浮かせて招き寄せるようなしぐさ。「お手したいのかな」とふつうは思ってしまいます。しかし、このしぐさはイヌ特有の「遊んで!」というお誘いのサインなのです。でも、このとき、イヌはちゃんと「お手」をします。イヌには飼い主に従順でいたいという気持ちが強くあるからです。自分の気持ちと飼い主の気持ちがズレていても、ガマンしてしまうのです。ですから飼い主は、イヌの気持ちを察し、理解してあげることがとても大事なのです。本書は、イヌの気持ちを読み取るヒントが一杯つまっています。

目次 : 第1章 うちのコ、何をしてほしいの?―しぐさから知るイヌの気持ち(仰向けになっておなかを見せるのは服従の意味だけじゃない!?/ 片足で「おいでおいで」をするのは「お手、したい」ってこと?/ 叱っているのに、突然大あくびされた!これって飼い主をナメてる? ほか)/ 第2章 うちのコ、どうしちゃったの!?―よくあるイヌの困った行動(お出迎えは嬉しいけどなんで毎回オモラシしちゃうの?/ 自分のウンチを食べちゃった!ドッグフードと勘違いしてる?/ 留守中に家の中の家具がめちゃくちゃ…今まで留守番できていたのになぜ? ほか)/ 第3章 うちのコだけじゃないんだ!―どうにもやめられないイヌのクセ(ひたすら穴を掘っているときの気持ちって?/ ウンチのあとに土をかけようとするのは隠すためじゃない?/ どうして散歩のときあちこちの電柱にオシッコするの? ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hirouch さん

    まだ見ぬ愛犬(柴犬、必ず飼うつもり)のイメージトレーニングに。それにしても、犬の紹介部分になぜ柴犬が含まれていないのか。表紙が柴犬なのにそれはないだろ、と憤慨しつつ最後まで読みました。内容は、、、というと、???という項目だらけです。犬のストレスをためないことが一番、と書いてるだけで、こういう場合のストレスはどうやって軽減すると良いかはスルー、といった説明だらけです。でも、まだ見ぬ生活を想像するのは楽しかったかな。

  • ちゃこ さん

    表題の「おもしろいほどわかる本」の表現は、ちょっと盛りすぎかも。どちらかというと「基本的なことがわかる本」だった。犬に慣れている人には知っている内容ばかりなので物足りないが、読みやすいので初心者にはおすすめ。/[2015ー019]

  • アリエル さん

    犬を飼い慣れている人ならだいたい分かっていることだけど初心者にはお勧めです。

  • ぷりん さん

    うれしょんの理由がズバリ当たってた。まぁ参考程度にするにはいい感じかな〜。☆☆

  • しん さん

    物言えないイヌなんだから、その行動や仕草によって気持ちをわかってあげられるといいなと思いました。イヌを飼い始めて間もない方、これからイヌを飼おうと思っている方向けのやさしい本だと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品