イザベラ・l・バード

人物・団体ページへ

イザベラ・バードの日本紀行 下 講談社学術文庫

イザベラ・l・バード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061598720
ISBN 10 : 4061598724
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,416p

内容詳細

北海道へ到達したバードは、函館を起点に道内を巡行、当地の自然を楽しみ、アイヌの人々と親しく接してその文化をつぶさに観察した。帰京後、バードは一転、西へと向かい、京都、伊勢神宮、大津等を巡って、日本の伝統文化とも触れ合う。発展途上の北海道と歴史に彩られた関西―そこで目にした諸諸に、時に賛嘆、時には批判、縦横に綴った名紀行。

目次 : 蝦夷に関するノート/ 蝦夷の旅の行程/ 東京に関するノート/ 伊勢神宮に関するノート/ 京都から山田(伊勢神宮)往路と、津経由の復路の行程/ 日本の現況

【著者紹介】
イザベラ・バード : 1831〜1904。イギリスの女流旅行作家。イギリス王立地理学会特別会員。1881年、結婚によりビショップと改姓。世界の広範な地域を旅行し、その旅行記はどれも高い評価を得ている

時岡敬子 : 福井県生まれ。上智大学外国語学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レアル さん

    下巻は北海道から西日本へ。アイヌとの生活の詳細な描写の素晴らしさと自然描写の美しさに脱帽。そして私の住む近畿圏内の話は特に興味深い。日本人なのに初めて知る事も多く、当時を知るいい機会となった。またバード氏が指摘する当時の日本の問題点の多くが現在日本にも当てはまるような気がしてならない。紀行として当時を知る貴重な史料とともに、改めて日本を知るきっかけを与えられ、考えさせられた作品だった。

  • ヨーイチ さん

    下巻は蝦夷と関西、伊勢神宮。後書きで「アイヌへの差別表現」への配慮がなされているのが今風。別にそれ程酷いとは思わないが。矢張り蝦夷が面白い。色々勉強になった。著者は開拓使とアイヌの関係を「他の国に比べると寛大である」と見ている。これはアメリカとの比較なのだろうか。文字を持っていたら別な存在になっていた筈だ。義経神社なんて不思議な物も。「未踏の地」で温泉を「発見」して卵を茹でたりしている。温度計を携行する旅なのだ。習俗を取材をする著者に「和人にこの事は秘密にしてくれ」続く

  • 月世界旅行したい さん

    今とたいして変わらないものも多い。

  • ぺったらぺたらこぺったっこ さん

    上巻では昔の日本人は想像を絶する程プライバシーが無く、つまり個の観念が無かったのだ、と思い知らされたのだが、アイヌ村へ行くとしっかりと個への気遣いがあったりしてさらにその差に驚く。当時のアイヌの生活が生々しく、そもそもその部分が読みたかったのだが、それまでかなり賞賛されていた日本人もアイヌと比べれば矢鱈卑小に感じられる。アイヌをもっと知りたい。収穫は多かったがかなり気分の悪い本でもあった。雅楽が不快である事と神道が理解不能である事が繋がる由もなく、そうした事はやはり知識でも教養でもなく感性なのだろう。

  • CTC さん

    時岡敬子訳の講談社現代新書版。下巻はアイヌに関する記述が印象的。明治11年当時、アイヌの人々は新政府による“強制同化政策”の下、日本語を強制され、神聖な土地を奪われ、鮭漁まで禁じられて困窮していた。バードの従者である“伊藤”が「犬同然」と繰り返し云った旨の記述がある。“伊藤”はこの旅行記を通して、地方の人々に対しやや傲慢であるものの理知的な人物として描かれており、伊藤の言葉こそが当時の日本人の意識を表すものだろう。バード自身はアイヌの人々と数日を共に過ごし、その特徴を敬愛に溢れた筆致で記している。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品