アーン、レイナルド(1874-1947)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

「狂ったナイチンゲール」(ピアノのための53の詩) アール・ワイルド

アーン、レイナルド(1874-1947)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IVORY72006
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

クラシック曲目

  • Reynaldo Hahn (1875 - 1947)
    Le rossignol eperdu
    演奏者 :
    Wild, Earl (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 1898/1910, France
    • 言語 :
    • 時間 : 133:5
    • 録音場所 : 2001, Fernleaf Abbey, Columbus, Ohio [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アーンが数多くの旅行をする中で思い浮かん...

投稿日:2012/02/23 (木)

アーンが数多くの旅行をする中で思い浮かんだ印象、その時の気持ち、雰囲気などが反映されている曲集だそうです。各曲のタイトルはヴェレーヌやボードレールなど詩人の影響を受けたらしく、確かに詩のタイトルっぽいものが多いです。フィガロ紙の音楽批評を担当しただけあって、文才にも恵まれていたことが窺えます。 どの曲も2〜3分程度と短く、サロンっぽい甘美なメロディー(歌曲を多く残した作曲家だけあってどことなく歌曲っぽい)。そして全体的に不思議な浮遊感が漂い、何とも言えない魅力に満ちています。チョコのアソートのようにバラエティ豊かで、メンデルスゾーン「無言歌集」のフランス版のような印象を受けました。 曲によって、フォーレの後期ノクターンを思わせる静謐な雰囲気を持っていたり、アルベニス、ドビュッシー、セブラックを思わせる和声やフレーズが現れます。名曲がたくさん散りばめられているわけではありませんが、この時代の空気感を楽しむことができる面白い曲集だと思います。

美宇 さん | 東京都 | 不明

3

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品