アーロン・エルキンズ

人物・団体ページへ

呪い! ハヤカワ・ミステリ文庫

アーロン・エルキンズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784151751035
ISBN 10 : 4151751033
フォーマット
出版社
発行年月
2005年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,333p

内容詳細

人類学教授ギデオン・オリヴァーは、マヤ遺跡の発掘に協力するため、メキシコへ飛んだ。遺跡から人骨が見つかり、彼が鑑定を依頼されたのだった。だがそこで、奇怪な事件が起きた。人骨のそばで発見された古文書の呪いの言葉どおりに、オリヴァーと発掘隊員に災厄が降りかかりはじめたのだ。そして、ついに殺人が!鬱蒼としたジャングルの中の呪われた遺跡で、スケルトン探偵が推理の冴えを見せる本格ミステリの醍醐味。

【著者紹介】
アーロン・エルキンズ : 1935年ニューヨーク生まれ。ハンター・カレッジで人類学の学士号を、アリゾナ大学で同修士号を取得。現代アメリカを代表する本格ミステリ作家。骨を手がかりに謎を解くスケルトン探偵ギデオン・オリヴァー教授が活躍するシリーズの第4作『古い骨』(1987)でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞を受賞

青木久恵 : 1966年早稲田大学文学部英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • セウテス さん

    スケルトン探偵シリーズ第5弾。本シリーズは世界の風光明媚な観光地を巡るミステリでもあるのだが、今回はメキシコに在るマヤ遺跡が舞台だ。恩師が発掘調査中の遺跡から絵文字が発見されるのだが、その夜遺跡は落盤で埋まり、チーフのハワードが姿を消す。数年後再び発掘が再開するが、呪いの予言の如く不穏な事件が起こり始める。謎はスッキリと解決し、謎解きの過程も無理のない構成であるがサプライズは無い。しかし此こそが、エルキンズ氏のスタイルである。二転三転する犯人当ては、推理するのに丁度良い案配で、堅実なミステリは心地好い。

  • shiaruvy さん

    ★2 [2005.05.15 初版] 夏休み者多い忙しい時期に読んだからなのか...。マヤ遺跡の描写さえ,おざなりで魅力感じず。 骨探偵シリーズ全部読んではないが最低の作品であって欲しい。

  • Brooklyn0320 さん

    過去の事件と現在進行形の事件とのミッシングリンクがテーマと言っていいんじゃないでしょうか。そのミッシングリンクをギデオンの骨相術が暴き出す展開は、スケルトン探偵の面目躍如たらしめるもの。また、フーダニットは意外に(失礼!)しっかりしたロジックで、本格ミステリ好きならニヤリとされられること請け合いです。反面、「マヤ族の呪い」という蠱惑的な題材を持ち出しながら、おどろおどろしさが全くなく、展開がまったりしてしまったのが残念でした。あと、過去の事件は動機がいまいち釈然としないなぁ。佳作とは思うんですけど。

  • ヨッシー さん

    非常にスッキリと謎が解決する良作。犯人の行動は一部ん?というところもありますが、通して読むときれいにまとまっていて、読後感が気持ちいいです。ギデオンが真相に気付くきっかけが、これまた無理がなく、良く出来ていると思います。中米のムシムシ具合がまたよく合ってるんだよねぇ。そして、まあ、一種のキャラ小説でもありますから、登場人物も魅力的。警部の存在がたまんないね、こりゃ。主人公よりかっこいいぞ。そして、ギデオンさえいなけりゃ殺人は起こらなかったんじゃないかなぁ、と思ったの、自分だけですか(爆)

  • nirokuya さん

    タイトルからはスケルトン探偵のオリヴァー教授モノとは気付きにくい。今回は南米マヤ文明の遺跡発掘に纏わるミステリ。本職の仕事に煮詰まっていたギデオンは恩師の誘いにのって妻ジュリーと共に因縁のトラロック遺跡発掘へ参加することに。ミステリとしてはわかり易いが、相変わらず世界の名所観光ガイド的な読み方もできて楽しめた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーロン・エルキンズ

1935年ニューヨーク生まれ。ハンター・カレッジで人類学の学士号を、アリゾナ大学で同修士号を取得。1982年に作家デビューし、1987年の『古い骨』でアメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞を受賞し、現代アメリカを代表する本格ミステリ作家となった。妻シャーロットとの共著もある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品