アーノルド ローベル

人物・団体ページへ

ぼくのおじさん 世界の傑作絵本A

アーノルド ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579400966
ISBN 10 : 4579400968
フォーマット
出版社
発行年月
1982年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,64p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • spatz さん

    これはぼくがおじさんと過ごした日々のおはなし。両親の乗った船が旅先で嵐にあい、ひとりぼっちになってしまったぼくのところにあらわれたおじさん。がまくんとかえるくん、とはまた一味ちがう、魅力的なキャラのお話しでした。しずかな愛をかんじるおじさん。いいな、おじさん。おじさんはひとりぐらしなのかな。おかあさんおとうさん無事帰ってきてよかった。

  • 魚京童! さん

    三木卓やるな。

  • mntmt さん

    甥や姪に愛情を注いでくれるおじさん。楽しいことばかり、してくれる。自分のおじさんを思い出します。原題:Uncle Elephant

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    図書館(テンテン祭ノ追ッカケ):親の乗った客船が遭難した。ボクを知らない伯父が面倒見てくれる日々>>>親から離れた孤独感、近親者の有り難み。しらない者同士が分かり合うまでのユックリテンポはゾウさんらしく、ほんわかと優しい。私のおじさんも、とてもやさしかったなぁ・・・。

  • 外野伽夜 さん

    お父さんとお母さんが船旅で行方不明になってしまったぞうの子供。そんな彼のところへおじさんがやってきて、さびしくないように毎日楽しく過ごさせてくれます。とにかくおじさんの接し方が暖かくて、それでいてさりげなくて素晴らしい。子供はみんなこんな風に育てられてほしい。大好きな物語です。でも、最後はやっぱり少し悲しいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド ローベル

1933‐1987。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。高校卒業後、ニューヨークのプラット・インスティテュートでイラストレーションを学んだ。1962年、『マスターさんとどうぶつえん』でデビューし、1971年『ふたりはともだち』(文化出版局)、1972年『よるのきらいなヒルディリド』(冨山房)でコルデ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド