アーノルド ローベル

人物・団体ページへ

いろいろへんないろのはじまり

アーノルド ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784572002051
ISBN 10 : 4572002053
フォーマット
出版社
発行年月
1988年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    単調なモノクロームの世界に彩りを♪ 魔法使いの実験室で生まれた『青』は、色がない世界の人々に未知の体験をもたらしました。だけど、青一色の世界はどこか悲しい。゚(゚´Д`゚)゚。何とかしようと魔法使いは様々なチャレンジをするけど、明るい色ばかりでは疲れるし、元気になる色だけでは争いが起きます……。ナンセンスで楽しい絵本です。世界がハッピーになるには、試行錯誤に偶然が重なることが必要なのかも。1975年3月初版。

  • Natsuki さん

    ずっとむかし、色というものが存在しなかった頃のお話。モノクロの世界に「よのなか なにか まちがっとる・・・」と思い立ったまほうつかいは「・・・これを ちょっぴり、あれを ちょっぴり かきまぜました。」ずいぶんと適当な調合ですが(笑)、出来上がったものにみんな大喜び♪ところがその喜びは束の間でした。色って人の心にも影響を与えるんですよね。途中どうなることかと心配しましたが、最後にホッとひと安心b(*^。^*)小学生の頃、水彩絵の具をパレットにあれこれ出しては、いろいろ混ぜ合わせた記憶が甦りました♪

  • ゆのん さん

    【絵本】色の無い時代。はいいろの時代。魔法使いが色を作る。青、黄色、赤…。でも、何かしら問題が起きる。可愛らしい絵で楽しいお話。178

  • メタボン さん

    ☆☆☆★ 色と心理・体調が結びついている。青は憂鬱、黄色は目がチカチカ、赤は怒りっぽい。そしてこの3原色を混ぜることで色々な色が出来上がる。「色」をすごく意識する絵本。絵本の常套手段であるリフレインも効いている。まほうつかいが乗る「あおいろのじてんしゃ」「きいろのうま」「あかいろのふね」。「これをちょっぴり、あれをちょっぴりかきまぜました」。色の世界に戸惑う人たちの表情もユニーク。色々な色がそろう最後の場面が鮮やか。

  • yukari さん

    小さな頃に好きだった絵本をブックオフで見かけて購入。最初はモノトーンだった世界に、魔法使いが色を発明することで色を付けます。色の三原色とか色による心理変化なども知ることが出来て面白い。「オチが読める」という意見もありましたが、個人的には安心して子供に読み聞かせられる良書だと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド ローベル

1933‐1987。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。高校卒業後、ニューヨークのプラット・インスティテュートでイラストレーションを学んだ。1962年、『マスターさんとどうぶつえん』でデビューし、1971年『ふたりはともだち』(文化出版局)、1972年『よるのきらいなヒルディリド』(冨山房)でコルデ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド