アーノルド・ローベル

人物・団体ページへ

とうさんおはなしして

アーノルド・ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579402496
ISBN 10 : 4579402499
フォーマット
出版社
発行年月
1973年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
三木卓 ,  
追加情報
:
22cm,61p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    なんだろう、この奇妙な既視感は…。読み終わった後にどこかで同じものに触れた感覚が湧き起こるんです。懐かしいでもなく、忘れていたでもなく、なんとなく触れたという感覚。もしかしたら、幼いときにどこかで読み聞かされたのかもしれない。それとも、眠りにつくときに母親が読んでくれたのだろうか…。父さんねずみには7匹の子どもがいます。ねずみの男の子たちはベッドで横になりながら、お父さんにお話をしてとねだります。父さんはお話をするのですが、これがまた不可思議なお話なのです。読んだ瞬間に忘却の彼方へと消えてしまうような…。

  • mntmt さん

    お父さんネズミが7匹の子ネズミたちに語る小話7話。”おふろ”が1番好き。

  • tiny-candy さん

    (図書館本)お父さんネズミが作った短篇7話。お気に入りは「のっぽくん ちびくん」「ねずみと かぜ」。

  • お昼寝ニャンコ さん

    宝物本d(^_^o)。もう数え切れないほど再読。今は亡き父が初めて買ってきてくれた絵本。子供の頃自分の書いた落書きと読み過ぎでボロボロですが、今となっては亡き父の大事な大事な形見です。このお話は、ねずみの【とうさん】が眠りにつく7匹の子供達の為に7つお話をするという形式で書かれており、1つ1つ短編で読み易く、絵もとても可愛いです。短編のストーリーは奇想天外で、子供の頃も大人になってからさえも何度読んでも楽しくドキドキワクワクします。父がこの本を私の為に本屋で手に取ってくれた時の事を思うと涙です(>_<)。

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    図書館(テンテン祭):おやすみ前にとうさんねずみの作り話を7つね。「おねがいごとの井戸」「雲とこども」「のっぽくんちびくん」「ねずみと風」「大旅行」「ズボンつり」「おふろ」 とうさんのお話は変で楽しいね。私のお気に入りは「だいりょこう」まるで絵文字変換したメールを読んでるみたいです^^

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド