昏睡状態の人と対話する プロセス指向心理学の新たな試み NHKブックス

アーノルド・ミンデル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784140019429
ISBN 10 : 4140019425
フォーマット
出版社
発行年月
2002年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
226p;19

内容詳細

ユング派の心理療法家が、昏睡状態の人の死の自己決定や悔いを残さず生をまっとうさせる方法を、数多くの臨床例から明かす待望の翻訳書。昏睡状態の人と対話する、その驚くべきプロセスを紹介する。

【著者紹介】
アーノルド・ミンデル : 1940年生まれ。ユニオン大学院PhD.(臨床心理学)。プロセスワークの創始者。ユング派分析家

藤見幸雄 : 1961年生まれ。ニューヨーク州立大学人類学部卒。米国トランスパーソナル心理学研究所修士課程修了。認定プロセスワーカー(Diploma)、臨床心理士、千葉大学、大阪大学講師

伊藤雄二郎 : 1960年生まれ。米国トランスパーソナル心理学研究所修士課程修了。サイコシンセシス、プロセス指向心理学などを学ぶ。現在、セラピスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド・ミンデル

1940年ニューヨーク州生まれ。ユング派分析家。プロセスワーク(プロセス指向心理学)の創始者として知られ、その著作は20カ国以上に翻訳されてきた。1980年代からは、プロセスワークの適用範囲を個人やカップル、家族から多人数集団にまで拡張したワールドワークを展開。パートナーのエイミー・ミンデルとともに

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品