アーネスト・トムソン・シートン

人物・団体ページへ

シートン動物誌 2

アーネスト・トムソン・シートン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784314007528
ISBN 10 : 4314007524
フォーマット
出版社
発行年月
1997年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,440p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カネコ さん

  • ともゑ さん

    2巻は前巻のネコ科の続きのボブキャットからイヌ科のオオカミとコヨーテについて。メインはオオカミ。オオカミは紳士だった。コヨーテは家畜を襲ったりして犬より凶暴なイメージがあったけどそれは偏見に基づく差別なのかもしれない。動物達の本当の姿を人間はどれだけ知っているのか。我々人間は動物や自然に対して思い上がっていないだろうか?と考えさせられた。

  • nagas さん

    動物達へ熱心な観察の視線を注ぐ、人間達の様子も生き生き感じられるように書かれている。その距離感がすごくいい。足音や呼吸音まで聞こえてきそう

  • 千秋けん さん

    狼の生態を知りたくて読んでみた。狼の観察記録もよく記されていて、人間側の描写もリアルだった。「狼王ロボ」の絵本を先に見つけ、この本を読んでみた。他の狼の記録も載っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーネスト・トムソン・シートン

1860年、イギリス生まれ。5歳の時、父の仕事でカナダに引っこし、大自然の農場でたくさんの動物や植物にかこまれた少年時代を過ごす。これらの経験をもとに、動物物語をたくさん書き残した。画家としても活躍。1946年、86歳で死去

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品