アートテラーとにー

人物・団体ページへ

東京のレトロ美術館

アートテラーとにー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784767826981
ISBN 10 : 4767826985
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
175p;22

内容詳細

見どころがわかれば、もっと楽しい!これまでに1,500以上のミュージアムを訪れたとに〜(元吉本芸人)が、初心者には優しく、上級者には目から鱗の見どころを紹介。芸人時代に培った笑いのセンスでミュージアムをガイドします。

目次 : 1 上野・本郷/ 2 日本橋・丸の内/ 3 目黒・品川/ 4 青山・松涛・目白/ 5 世田谷・練馬/ 6 旅行気分で行く東京のレトロ美術館

【著者紹介】
とに〜 : 1983年生まれ。元吉本興業のお笑い芸人。芸人活動の傍ら趣味で書き続けていたアートブログが人気となり、独自の切り口で美術の世界をわかりやすく、かつ楽しく紹介する「アートテラー」に転向。現在は、美術館での講演やアートツアーの企画運営をはじめ、雑誌連載、ラジオやテレビへの出演など幅広く活動している

青山裕企 : 1978年愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。サラリーマン・女子学生・少女など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や少女・父親像などを反映させた作品を制作している。ギャラリーや出版社も運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    コロナウィルスのせいで多くの美術館も閉まっていて、美術館飢餓状態になり、この本を読んだ。全部で33の美術館が紹介されているが、行ったことがあるのは8館のみ。東京には、いい美術館が色々あるんだなと、ますます行きたくなってきた。早く、収まって、ゆっくり美術館回りしたいなぁ。

  • シフォン さん

    元お笑い芸人で現在はアートテラー?であるとに〜さんがレトロに視点を当てて34の美術館を紹介している。東博のような由緒正しき国立から、財閥系の美術館、個人のアトリエを美術館にしたものまであり、目の付け所はなかなか良い感じ。昭和レトロ商品博物館気になるし、横山大観や岡本太郎記念館も行ってみたい。読友さんのレビューで写真にとに〜さんが写りすぎは知っていたけど、せっかくレトロを紹介しているのにと思ってしまった。

  • Odd-i さん

    著者の"とに〜"氏は、正に趣味が高じて…の見本のような方。元々吉本の芸人さんだったのですが、アートブログが評判を呼び、とうとうアートテラー(美術の世界をわかりやすく、かつ楽しく紹介する人)に転向してしまいました。今回は、これ迄に1,500以上のミュージアムを訪れたとに〜氏が、独自の視点で選んだレトロな美術館三十三ヶ所を巡ります。とにかく目の付け所がお見事で、ナルホド〜の連続。その上基本情報もしっかりと押さえるのも忘れてません。ビジュアルも楽しく、東京迄はちょっと〜、と言う方にも充分に楽しめる一冊です。

  • tsubamihoko さん

    レトロをテーマにした美術館紹介本。都内には本当に美術館が多いなぁとこの本を読んでいて思ってしまった。展覧会にもなかなか行かれないから、この本を読んでお出かけ気分を楽しみました。

  • グラスホッパー さん

    美術館の建物も美術作品。庭園美術館の床のモザイクをゆっくり見たいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品