アースキン・プレストン・コールドウェル

人物・団体ページへ

タバコ・ロード 岩波文庫

アースキン・プレストン・コールドウェル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003232910
ISBN 10 : 4003232917
フォーマット
出版社
発行年月
1989年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
杉木喬 ,  
追加情報
:
286p;15

内容詳細

アメリカ南部ジョージア州のタバコ地帯を舞台に、社会の発展に取り残され荒廃したプア・ホワイトとよばれる農民達の貪欲・無知・背徳の生活を描き、コールドウェルの名を一躍世界的にした傑作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    ディープ・サウス、ジョージア州が小説の舞台。表題のタバコ・ロードは、かつてこの地域に多大な富をもたらした、タバコの樽をころがしてできた道。今はその残滓だ。タバコによって地味が疲弊し、それに次いで植えられた綿花もまた同じ道をたどった。かつては地主であったが、今は零落し小作人となったレスター家三代目のジーター。貧しさ、弱さ、無力さを一身に体現する人物だ。それは、一見したところ反価値的なものに見える。しかし、翻ってみれば、かつての南部はそれを許容する文化的、経済的な土壌があったのだ。すなわち、この小説は⇒

  • 遥かなる想い さん

    アメリカ南部を描いた物語である。 かつては タバコ栽培で潤った路… 貧乏と 土の匂いが満載だが、意外に 重くないのがいい。 お金と結婚と 農業の話題が延々と続く …広大な自然の中で、土に拘りながら 生きる南部の人々…見込みのない貧農の 問題を 軽いタッチで 残した、そんな作品だった。

  • ケイ さん

    第一次大戦後の近代化から取り残されたジョージア州の農民たち。かつてはタバコロードと呼ばれるほど繁栄した土地だったのに。近代化を受け入れず、あくまでも土地にこだわる彼らは、「怒りの葡萄」の人物たちのように他の土地での幸せも求めない。地に根付いているのだ。食べ物を求め、否応なく工場で働く者も、決して彼らを馬鹿にはしない。こういった状況を描くのに、作者はなんとも独特なユーモアを用いている。盗み、いとも簡単は信仰心や男女のあり方、年寄の扱い方の描写で、滑稽と言わなければ悲しすぎる状況を巧みに第三者的に読ませる。

  • 扉のこちら側 さん

    2017年52冊め。【266/G1000】タバコの濫作により荒廃した不毛の地にそれでもしがみつく農民たち。飢えと背中合わせの生活だが、悲壮さを通り越して滑稽さを覚える描写である。やりたい放題のジーター爺さんの理屈には、口先だけでも神が存在しているところとか。悲惨な生活であるのに、著者がこの土地を愛していたことは伝わってくる。

  • こばまり さん

    陰々滅々夕日が沈む。陰々滅々日が沈む。救いがない、わけでもない。しかしそんな微かな光明にさえ、やめておけとアドバイスしたくなる。ぐったりと体が重くなるような読後感だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品