アーシュラ・k・ル=グウィン

人物・団体ページへ

言の葉の樹 ハヤカワ文庫SF

アーシュラ・k・ル=グウィン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150114039
ISBN 10 : 415011403X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,319p

内容詳細

古い象形文字で書かれた、詩や小説、歴史書、哲学書など、過去のあらゆる本が焚書にされる惑星アカ。科学技術の進んだ大宇宙連合―エクーメンと接触後、圧政がしかれているアカは、伝統的な文化を捨て去り、新たな道を進みはじめていた。そんな世界に観察員として、地球から派遣された若き女性サティが知った伝統文化“語り”とは…『闇の左手』と同じ“ハイニッシュ・ユニヴァース”を舞台に描いたローカス賞受賞作。

【著者紹介】
小尾芙佐 : 1955年津田塾大学英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 波璃子 さん

    ハイニッシュ・ユニバースシリーズ。未来史だとどの時代にあたるんだろう。星間戦争前?新しい文化を受け入れるために今まであった文化を捨てることは日本ではすっかりお馴染みになっているので考えさせられた。ファンタジーとはこんなにアカデミックになるものなのかと驚かされる。作者が他の作品でも取り上げる「ことば」の重みや大切さが描かれているように感じた。

  • 小葉 さん

    惑星アカの象形文字のように、この地球上にもたくさんの忘れられた文字、失われた文明があることを思いました。サティたちのシロングへの旅は、「指輪物語」の映画の雪山を思い浮かべました。ヤラはもう一人のサティだったということ。

  • ぐうぐう さん

    「あなたがしていることは何ですか?」「語ることだよ、ヨズ・サティ」「はい。でもあなたが語る物語、あらゆること、それらは何を意味するのですか?」。異文化の衝突、宗教的弾圧、そして焚書の世界。これらのテーマを、そのまま主張として言葉にされてしまうと、あたりまえの話だが、聞く側はうんざりとし、抑圧さえ感じ、心には何も届かない。だからこそ、物語という装置が効果的に機能するのだ。伝統文化を破壊された惑星アカの語りのように。

  • けいちゃっぷ さん

    うーん。私の読み方が悪いせいだろうが、他所から来て上から目線で失われつつある歴史を探ろうなんざおこがましい。319ページ

  • みずけろ さん

    ああ難しかった! 最終的にはきちんと面白かったのですが、文化の蘊蓄がなかなか頭に入ってこなくて読み進まず、何度も挫折しかけました。けれどやっぱりテラの暮らしや山へ向かう旅の描写が目に浮かぶように素敵で、異文化に触れ、他者とお互いに歩み寄ることの奇跡的な輝きにじわりと感じ入った。読んで良かったです。でも、やっぱり読みづらかったな〜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーシュラ・k・ル=グウィン

1929年アメリカ合衆国バークリー生まれ。ラドクリフ大学とコロンビア大学で、フランス及びイタリアのルネッサンス期文学を専攻。作家。2014年度全米図書賞・米文学への貢献賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品