アーシュラ・k・ル=グウィン

人物・団体ページへ

夜の言葉 ファンタジー・SF論 岩波現代文庫

アーシュラ・k・ル=グウィン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784006021023
ISBN 10 : 400602102X
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,332p

内容詳細

「人間は昼の光のなかで生きていると思いがちなものですが、世界の半分は常に闇のなかにあり、そしてファンタジーは詩と同様、夜の言葉を語るものなのです」意識下の闇の世界を旅して発見した夢の素材を言語化する―。『ゲド戦記』『闇の左手』の作者が、自らの創作の秘密を語りながら、ファンタジーとサイエンス・フィクションの本質に鋭く迫ったエッセイ集。

目次 : モンダスに住む/ みつめる眼/ 夢は自らを語る/ エルフランドからポキープシへ/ アメリカ人はなぜ竜がこわいか/ 子どもと影と/ SFにおける神話と元型/ 性は必要か?/ エスケープ・ルート/ アメリカSFと他者/ 石斧とジャコウウシ/ 魂のなかのスターリン/ SFとミセス・ブラウン/ 書くということ/ 宇宙論のすすめ

【著者紹介】
アーシュラ・k・ル=グウィン : 1929年アメリカ合衆国バークレー生まれ。ラドクリフ大学とコロンビア大学で、フランス及びイタリアのルネッサンス期文学を専攻。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひいろづき。 さん

    面白かったけど一回ではきっとちゃんと理解できてないと思うからもう一回読む。SF作家としてくくられた彼女からの、SFというくくり、ジェンダー、役割の期待、小説を書くということ。軽く読むには難しいですが、ゲットーとかあらちねずみとか、けっこう辛辣な物言いが逆にちょっと親しみやすくて(笑)。『ゲド戦記』も読みかけだけど、彼女の作品をもっと読んでみたいと思った。途中で紹介されているたくさんの作品も気になります。いい本に出会った。

  • isfahan さん

    「子供は自分自身の影になら向かっていくことができ……それに道案内させたりすることを学べるでしょう。そして大人になり……世のなかに行われている悪に直面しなければならなくなっても絶望して気力を失ったり、自分の眼にしているものを否定することの少ない人間になるでしょう。……全ての終わりに待ち受けている最後の影に直面するときにも」。ル・グウィンの語るファンタジーの力。ファンタジーを書き読むことで直面する内面の影との対決と融和。それは現実で直面する影と戦う時にこそ力を発揮する。私でもまだ間に合うはずと思いたい。

  • Shin さん

    ル=グウィンのエッセイを読むのは二冊目、彼女の指摘あるいは議論はファンタジーをただのヤングアダルトの退屈を紛らわせるものから、人間探求にもっとも適している表現法へと高めてくれる。準創造世界は計画するものではなく発見するもの、ファンタジーは真の善を語ることができるものであること、ファンタジー作家は自己の無意識世界を探求しなければ本物の神話は語れないということなどetc....。目から鱗のファンタジー論でした。とても教えられます。

  • ほたぴょん さん

    womanに対するman、SF-novelに対するnovelと、「一般」に対するル=グウィンの処しかたがよくわかる。SFにおいて人間は描けるかを問う「SFとミセス・ブラウン」、トールキンの「指輪物語」との出会いに遡ってファンタジー、SFと自らとの関わりを回想する「モンダスに住む」など、自身の問いにYesと明快に答え続ける姿勢とともに印象に残る。ラリー・ニーヴンも好きな僕としてはル=グウィンの答えが唯一解じゃないぜと思うこともないではないが、しかしともあれ良い一冊。

  • 紺 さん

    ゲド戦記で知られるル=グウィンが、ファンタジーとSFについて考察した一冊。個人的にはファンタジーに関しての記述は少なめで、SFに関しての記述は核心に触れていないように感じる。私はファンタジーについての話が聞きかったのでそこだけ掻い摘んで読んだが、ゲド戦記の1巻で出ていたように、ファンタジーは影との戦いなのだと言われていた。それは自己の中に生涯付きまとうもので、悪として糾弾するものでもなく、突き放すことなく、共存し、理解するべき存在なのだというのは興味深い。再読して理解を深めたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーシュラ・k・ル=グウィン

1929年アメリカ合衆国バークリー生まれ。ラドクリフ大学とコロンビア大学で、フランス及びイタリアのルネッサンス期文学を専攻。作家。2014年度全米図書賞・米文学への貢献賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品