アーシュラ・k・ル=グウィン

人物・団体ページへ

ヴォイス 西のはての年代記 2 河出文庫

アーシュラ・k・ル=グウィン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463537
ISBN 10 : 4309463533
フォーマット
出版社
発行年月
2011年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,386p

内容詳細

“西のはて”の都市アンサルでは、他国の圧政により、長い間本を持つことが禁じられていた。かつて交易と文化を担っていた名家に生まれた少女メマーは、一族の館に本が隠されていることを知り、当主である道の長からひそかに教育を受けるようになる―。巨匠ル=グウィンがおくる、新たなファンタジー・シリーズ第二作。

【著者紹介】
アーシュラ・k・ル=グウィン : 1929年、カリフォルニア州生まれ。62年のデビュー以来、斬新なSF・ファンタジー作品を次々に発表。ネビュラ賞、ヒューゴー賞、ローカス賞ほか数々の受賞歴を誇り、米国SF界の女王と呼ばれる

谷垣暁美 : 1955年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 世話役 さん

    よくわからない、もしくは今ひとつ響かないため感想が湧かない物語には沢山出会ってきたが、このような物語に出会ったのは初めてかもしれない。意味合いはわかるがそれを語る言葉が見つからない。本当は腑に落ちているのに、表面的な理解の部分が追いつかない。納得はしても表面的な言葉の部分での何故が消えない。『ヴォイス』はそんな物語だった。経験上、理屈はわかるが心がついてこないことはよくあったし、それらを冒頭に掲げたものと位置づけてきたのだけど。何にせよ、これが今の僕に語りうる限界なのだろう。ゆえに、そのまま記述しておく。

  • FreakyRider さん

    相変わらず安定の面白さ。一気読みしてしまった。舞台は、西の果てという位だからヨーロッパ、その中の異民族に支配された海洋都市が舞台となる。戦に敗れ抑圧される市民。尊大に振舞う兵士。マグマのように噴き上がる怒り。果たして語り部はどのような未来を導くのか。残虐な歴史、まったく異なる文化、そしてそれを超えるコミニケーションのハードさ。イスラムとの融和は"アースシーの風"から続くテーマであろう。

  • Ribes triste さん

    ギフトの勢いのまま読了。これまた面白かった。シリーズ中一番好きな本でした。

  • shou さん

    他民族の占領下で文字を禁じられた都市、そこで密かに本を守る長老の家。手触りの良いファンタジー世界に酔い痴れつつ、混血の少女の成長を追う。征服者の側が詩や物語を愛する民族だったり、英雄もなく復讐もできない和解を不満に感じたりする描写がさすが。

  • じゅういちじゅうに さん

    前巻ではオレックとグライの淡い恋が物語をつらぬく一本の糸であったけれど、読むことに没頭するメマー(後半で年齢がさりげなく書かれているのを見たときにはかなりびっくりした。その年で少年のふりができるのか……みたいな)が年頃であっても恋愛にほとんど興味を持っていないことが心地よかった。こういうあっさりしたヒロインもいていいんだよなー。「創り人たちはどうして家事や料理を物語から締め出すのだろう」は、名言!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーシュラ・k・ル=グウィン

1929年、カリフォルニア州生まれ。62年のデビュー以来、斬新なSF・ファンタジー作品を次々に発表。ネビュラ賞、ヒューゴー賞、ローカス賞など多くの受賞歴を誇り、「米国SF界の女王」と呼ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品