アーサー・W・フランク

人物・団体ページへ

傷ついた物語の語り手 身体・病い・倫理

アーサー・W・フランク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784946509292
ISBN 10 : 4946509291
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,326p

内容詳細

フランクの言葉は、自らの重篤な病いの経験に根ざしながらも、他の多くの病いの語りと呼応し、この時代の諸々の思考の流れと交錯していく。時にそれを取り込み、時にはそれに反発しながら、経験をひとつの社会的な思想へと結実させていくプロセスは、そのまま著者の闘いの軌跡でもある。

目次 : 第1章 身体が声を求める時/ 第2章 病んでいる身体の諸問題/ 第3章 物語への呼びかけとしての病い/ 第4章 回復の語り―想像界の中の病い/ 第5章 混沌の語り―沈黙する病い/ 第6章 探求の語り―病いと伝達する身体/ 第7章 証言/ 第8章 半ば開かれたものとしての傷

【著者紹介】
鈴木智之 : 1962年東京都生れ。慶応義塾大学社会学研究科博士課程単位取得退学。帝京大学文学部講師をへて、法政大学社会学部教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品