夢の丘

アーサー・メイチェン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488510022
ISBN 10 : 4488510027
フォーマット
出版社
発行年月
1984年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
290p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 歩月るな さん

    1907年作品。「読者はマッケンという作家の高度なファンタジーの質に分け入る過程で、必然的にその精神遍歴の意味を自分たちの問題として考えさせられることだろう」紀田順一郎氏の解説より。 小説家小説。作品を作る過程で絵の道にそれかかったりする所が実にあぁ、あぁ、……という感じで胸が苦しくなる。ごめんなさい。霧の町ロンドンの雰囲気がものすごく色濃く出ています。しかし鮮やかな色の表現が出て来ても、生ま生ましい「赤」以外の色はモノクロな原風景でイメージされる。いかにもロンドンらしい。ジッドの『パリュウド』に近いか。

  • qoop さん

    余人とは異なる世界で生きざるを得ない幻視者の陶酔と孤独、苦悩と悦楽。幻視に避難し、呑み込まれ、耽っていく… 二重の世界が一つになり、次第に往来できなくなる様子は凄まじくも儚く悲しい。そんな状態が手に取るように見える内面描写の濃密さに、引き込まれつつも戦いた。著者の自伝的要素が強い作品とのことだが、こうした箇所にも多く反映されているのかと思うと…

  • おちこち さん

    小説家志望者はこの本を読んで一度は発狂しておくべき。幻想的な風景描写と現実的な生活風景の対比が秀逸。

  • しろくま さん

    待望の復刊で大喜びした。本当にすごい大好きな一冊。

  • Mark.jr さん

    主人公の夢うつつで情緒不安定な感じが、まったく他人事に思えなかったです。序盤の爽やかな青春小説からどんどんマッド・サイケな方向に突き進むさまが凄い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品