アーサー・チャールズ・クラーク

人物・団体ページへ

都市と星 ハヤカワ文庫

アーサー・チャールズ・クラーク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150102715
ISBN 10 : 4150102716
フォーマット
出版社
発行年月
1977年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
353p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinka さん

    古書市で旧版が安かったから買ったんだけど、日焼けとぎゅうぎゅうの文字組みに苦戦した。内容は思索的で、単なる幼い憧れや冒険心だけで終わらないもの。静謐からの逸脱、帰還からの未来へとつながる話の流れも、確かな力量を感じさせる。スペースオペラ式の冒険につい疑問符をつけたくなるチキンな私でも納得できる、人類のありようと、未来だった。クラーク作品の中でもかなり好きだ。けちらず新訳バージョンで手に入れても後悔しなかっただろうな。

  • 東森来人 さん

    壮大で無限、終わりのない悠久の時を刻み続け過去と未来が交錯する宇宙、あまたの星、滅びゆく都市、残された街の記憶、無の世界に息づく生命の源、境界のない現実と仮想、夢、夢、夢、…

  • Genei-John さん

    『銀河帝国の崩壊』は既読だったが本作は未読だった。若い頃と異なり観念的な作品についていけるか心配だったが、成長物語は幾つになっても感動を覚える。

  • ist さん

    50年以上前に書かれた物語。 10億年後の地球を舞台にしていて、かつて思い描いていた未来の世界そのままの超未来都市が そこにはあり、どんなユートピアかと。その描写が緻密で息をのむ。 ユニークである主人公アルヴィンが都市の外には何があるのか、と好奇心を追及し 外世界の探検に旅立っていく。 想像だにできない遥か未来の話だが、動く歩道や映像を映す壁、セントラルコンピュータの描写など 現実に発明されているものもあり、感慨深い。

  • H2A さん

    クラークの作品世界はどれも美しい。登場人物には互換性があり、つまりは誰でもいい。主人公のアルヴィンもそうした人物のひとり。この物語内の筋書きもさほど興味を惹かれない。でもダイアスパーと、その内部の世界自体が強烈で、最後に語られる「歴史」にもヴィジョンにもやられてしまう。クラークはひとつの世界を作ったので、登場人物がどう感じたか行動したかよりも、その被造世界に生き、どう語り見せるかがテーマになっている。永遠の都 ダイアスパー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品