アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

恐怖の谷 シャーロック・ホームズ全集 7 河出文庫

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309466170
ISBN 10 : 4309466176
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
465p;15

内容詳細

ある日ホームズのもとに届いた暗号の手紙。見事解読するも、殺人はすでに行われていた!背後にひそむホームズ最大の宿敵・モリアーティ教授の影。奇妙な殺害現場からホームズが導きだした意外な答えとは?そして事件はかつてアメリカに存在した謎の殺人者集団の存在を明らかにしてゆく…。「ホームズ物語」最後の長編作。決定版、充実した注と解説、全イラスト復刻。

【著者紹介】
アーサー・コナン・ドイル : 1859‐1930年。医師・作家・心霊主義者。スコットランド生まれ。名探偵シャーロック・ホームズの生みの親。1887年に『緋色の習作』を発表して以来、約40年間にわたり60編の『ホームズ物語』を書く

小林司 : 1929年、青森県生まれ。医学博士、作家、シャーロッキアン。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(米国)、ロンドン・シャーロック・ホームズ会その他の会員。2010年没

東山あかね : 1947年、東京都生まれ。フォトジャーナリスト、シャーロッキアン。1977年、夫(小林司)と日本シャーロック・ホームズ・クラブを設立。夫と共著のホームズ関係の著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 流之助 さん

    モリアーティがこういう形で関わってくるとは!相変わらず秘密主義なホームズと、彼に振り回されるワトスンたち。解説とあとがきは長くて、取り上げられている作家や作品に疎く、シャーロッキアン的楽しみにもあまり関心がないので、ちょっとその辺りを読むのは難しい。ただ、本編はおもしろかった。エピローグを読んだあと、また最初のシーンを読み返したくなる。

  • hydrangea さん

    シリーズ中、最後の長編作品となりますが好き嫌いが結構ハッキリと分かれているかもしれませんね。2部構成の第2部は物語のバックボーンを描いていますが、一つの独立した冒険活劇として読んでも面白い内容だと思います。ちょっとした矛盾その他の不整合はご愛嬌ということでOKですw

  • 雪待月 さん

    気持ちよく騙されました♪物語は二部構成になっていて、第一部は事件とホームズの推理、第二部は事件の背景となった冒険譚。いつもの様にホームズの推理は鮮やかすぎて、周囲が(読者も)あっけに取られるほどの第一部ですが、本当に面白いのは第二部に入ってから。第二部の主人公が謎の組織に染まっていく様子など、ハラハラしながらも引き込まれました。解説と注釈がかなり詳しくシャーロッキアン的なので、私にはちょっと難しかったけれど、興味深かったです。

  • イツキ さん

    前半部分は古い屋敷で起きた奇妙な殺人事件。後半部分は前半で登場した人物が若い頃の血生臭い開拓地での物語。前半の殺人事件のトリックとホームズの見事な推理によるどんでん返しも見事でしたが、後半部分にも予想外な展開があり読み応えのある作品でした。

  • さな さん

    小学生のころ、初めて読んだホームズ登場作品なので、一番好きというわけではないけど私にとって特別な存在の本。初めて読んだときは、殺人事件のトリックや、恐怖の谷での犯罪集団にドキドキし、終盤のエドワーズの登場シーンは度肝を抜かれた。今読み返すと、意外と伏線があからさまだったりして、ちょっと逆の意味でびっくりする。ホームズがちょっと引くほどモリアーティの事を語っているけど、全然登場しなくてあまり脅威には感じなかった。訳がやや読みにくい感じがするけど、重厚な解説があるので楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品