アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

バスカヴィル家の犬 シャーロック・ホームズ全集 5 河出文庫

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309466156
ISBN 10 : 430946615X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
459p;15

内容詳細

「悪霊のはびこる暗い夜ふけに、ムアに、決して足を踏み入れるな」―魔犬伝説にとりつかれたバスカヴィル家当主の不可解な死。死体のそばには巨大な犬の足跡がはっきりと残されていた。謎の吠え声がひびきわたる荒れ地を舞台に、怪異な事件が幕を開ける。「ホームズ物語」の中でも圧倒的人気を博す長編大傑作。充実した注と解説、全イラスト復刻の決定版。

【著者紹介】
アーサー・コナン・ドイル : 1859‐1930。医師・作家・心霊主義者。スコットランド生まれ。名探偵シャーロック・ホームズの生みの親。1887年に『緋色の習作』を発表して以来、約40年間にわたり60編の『ホームズ物語』を書く

小林司 : 1929年、青森県生まれ。医学博士、作家、シャーロッキアン。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(米国)、ロンドン・シャーロック・ホームズ会その他の会員。2010年没

東山あかね : 1947年、東京都生まれ。フォトジャーナリスト、シャーロッキアン。1977年、夫(小林司)と日本シャーロック・ホームズ・クラブを設立。夫と共著のホームズ関係の著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hydrangea さん

    ホームズ作品の中でも傑作と言えば本作を抜きにしては語れませんね。久しぶりに読んでみましたが、やはり色褪せぬ面白さがあります。相変わらず解説が長いです。色々参考になりますがw

  • 新天地 さん

    魔犬伝説がささやかれる寂しい荒れ地、陰鬱な館などを舞台としているが、雰囲気がなんかもう微笑ましいというか可愛らしいというか。その原因はもちろんホームズとワトスンのその関係である。ホームズから与えられた指示をもとに、彼に褒められようとウキウキと忠実にこなすワトスンとそれを温かく監督するホームズ。何でこのシリーズがキャラクター達が時代を超えて広く愛されているかが良く解った気がする。ただ、注釈の72番「奥さんについて…」は後の映画版ネタバレ及び微妙に本編の事件後にも触れているので初読の人は避けた方がいい。

  • クサナギ さん

    長いんだけど、面白いよね〜。こきつかわれるワトソンが何とも言えず好き(笑)

  • イツキ さん

    とある一族に伝わる魔犬伝説とそれにかかわる人の死、超自然の力が関わったと思えてしまう出来事を解き明かしていくホームズの手際は相変わらず見事の一言。ホームズと別行動を取りながらも一人奮闘するワトソンの活躍も見所のひとつですね。

  • Daisuke Sasaki さん

    ホームズシリーズの長編で最高傑作と言われてるだけあって読み応えがやっぱり違う。ボリュームはなかなかあるけどやっぱり河出文庫版は訳がすっきりしてて読みやすい。全体に流れるどろどろした雰囲気が好き

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品