アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

シャーロック・ホームズ全集 第6巻

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309610467
ISBN 10 : 4309610463
フォーマット
出版社
発行年月
1999年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,707p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • lico さん

    【第71回海外作品読書会】最後の事件でモリアーティと共に消えたホームズが奇跡の復活。今でこそシャーロック・ホームズの思い出から帰還までを一気に読むことができるが、実際には復活までに10年近い年月が経っていることを考えると、当時の人々の喜びようは劇的だったことが想像できる。そんなこともあってか解説も本編よりもホームズの死から帰還までの話のほうにより力が入っている気がする。犯罪を犯したり、見逃したりするホームズの姿にはちょっと違和感を感じる。面白かった作品は『孤独な自転車乗り』と『プライオリ学校』の二作品。

  • ナポレオン2 さん

    あれだけ嫌がっていたホームズ物を復活させたドイル、10年も寝かせておいたのがウソのように、というかそれだけブランクがあったからネタが溜まっていたのか、充実の一冊です。空家事件はさすがに苦しくとも、書かれざる事件だった「第二の汚点」、そして「踊る人形」の暗号の謎解きは、アラはあってもやはり唸らされるアイディアです。正直、ここまでがドイルのホームズという感じで、次の2冊の短編集はさすがに疲れが…。当時のロンドン市民の熱狂ぶりもよくわかります。面白かったです。

  • ぽま さん

    ホームズ短編集の三冊目。『空き家の冒険』から『第二のしみ』事件まで。表題の通り、『最後の事件』でモリアーティ教授もろとも亡くなったと思われていたホームズが、ベイカー街に帰ってくる。『犯人は二人』など、これまでとは切り口の異なるエピソードも含まれており、好みや評価が分かれる所ではあるかもしれない。私はかなり楽しんだクチだが。

  • ホームズ さん

    ホームズ帰還やはりホームズの世界に入り込むのは幸せ

  • とし さん

    有名な踊る人形収録。コナンの影響で宝の暗号だと思っていたからびっくり。犯人は2人も敵キャラが強烈で展開もスリリングで面白い。第二の汚点は規模の大きな話だけにあの解決方法だと大臣ものすごく気まずいのではと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

アーサー・コナン・ドイルに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品