アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

シャーロック=ホームズ全集 3

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784037380304
ISBN 10 : 4037380307
フォーマット
出版社
発行年月
1985年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,334p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆみきーにゃ さん

    《図書館》ドラマでは観たことあったけど小説で読むのは初めてだったので楽しめました。ワトスン博士大活躍!

  • Kei さん

    小学生の時によく読んでいたシャーロック・ホームズを久しぶりに。バスカビル家の犬はまだ読んでいないと思っていたが、記憶にうっすらと残っているので、おそらく読んだのだろうと思う。事件を解決し、ワトスン博士にどう推理したかを説明している時の言葉が推理小説以外でも当てはまるなと思ったのて以下引用。「出来事がかわっていて、奇怪に見えれば見えるほど、しっかりと調べてみたほうがいい。事件を複雑に見せている点を、科学的な目でよく考えれば、たいていは、きちんと説明がつくものなのだ。」(309,310頁)。

  • 鏡也 さん

    久々に読みました。小学生の頃読んだ記憶が。図書室にたくさんあったシリーズの一つで、懐かしい。ガーディアン【10/1000】

  • スズコ さん

    漫画「バーナード嬢曰く」の登場人物の1人がシャーロッキアンで、漫画自体が面白いのと、カンバーバッチのシャーロックがとても面白いので、昔読んだ記憶もぼんやりあるけど、再度読書。児童書な分、読みづらい面もありますが、懲りずに他のも読んでみたい。

  • 加野桃花 さん

    面白かった。大きい犬本当にいたんだ!とちょっと驚きました。偶然かな?なんかONEPIECEで聞いたことあるよーな、ないよーな名前があるなぁ・・・?まぁいいか。 ワトソンとホームズの掛け合いはいつ見てもいいなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

アーサー・コナン・ドイルに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品