アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

シャーロック・ホームズの冒険 河出文庫

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309466132
ISBN 10 : 4309466133
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
732p;15

内容詳細

ドイル自身がもっとも愛した短篇であり、探偵小説史上の記念碑的作品“まだらの紐”をはじめ、“ボヘミアの醜聞”、“赤毛組合”など、名探偵ホームズの人気を確立した第一短篇集。夢、喜劇、幻想が入り混じる、ドイルの最高傑作。オックスフォード大学版の注・解説にくわえ、初版本イラスト全点を復刻掲載した決定版。

【著者紹介】
アーサー・コナン・ドイル : 1859‐1930年。医師・作家・心霊主義者。スコットランド生まれ。名探偵シャーロック・ホームズの生みの親。1887年に『緋色の習作』を発表して以来、約40年間にわたり60編の『ホームズ物語』を書く

小林司 : 1929年、青森県生まれ。医学博士、作家、シャーロッキアン。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(米国)、ロンドン・シャーロック・ホームズ会その他の会員。2010年没

東山あかね : 1947年、東京都生まれ。フォトジャーナリスト、シャーロッキアン。1977年、夫(小林司)と日本シャーロック・ホームズ・クラブを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Koning さん

    ということで、たぶん一番知られた物語が収まった短編集。Bantamのホームズ全集と付き合わせつつ読んでたのでえらく時間がかかってしまった。そろそろこの訳も気にならなくなってきた気はします(何。

  • SAT(M) さん

    人生とは退屈なものであり、その退屈からの救いが”面白い”事件なのだ、という人生観を持つホームズ。時に地面にはいつくばって、時に変装をして張り込んで、寝食を惜しんで事件の調査をしているにも拘らず、”熱血漢”のイメージを感じないのは彼の背後にあるのが道義的な”正義感”ではないがゆえ。そんなホームズが、イヤミを言ったり、激昂したり等、血の通った人間的な行動に出るシーンが極まれにあり、読者としてはそこにぐっと親近感を感じます。この読者との距離感がホームズの魅力なのでしょうね。

  • たち さん

    シャーロック・ホームズと云えば、これでしょ!ってほど有名な話の短編集で、私も2、3作は読んだ事があるものでした。ですが、初めて読んだように面白かったです。特に、ホームズの変装の巧みさには、大変驚かされました!

  • はるき さん

    分厚い!!シャーロキアンによるシャーロキアンのための全集。脚注も解説も充実した内容だった。 有名な作品ばかり集めているので既読が多いんだが、やっぱりホームズは面白い。偏屈で神経質で、恐ろしく頭が良いホームズと人のいいワトソンの冒険は色あせない魅力を放つ。面白かった。 ・・・・・ドイルの内面分析は説得力があるだけに冷や汗もの。

  • hydrangea さん

    人生の記憶の中で最初に読んだホームズ物は、(出版社は忘れましたが)まだらの紐の抄訳だったので、この短編集にはとても愛着を感じます。当時の挿絵も豊富に収録されているのが良いですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から「ストランド・マガシン」に連載した、ホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。1930年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品