アーサー・コナン・ドイル

人物・団体ページへ

シャーロック・ホームズの事件簿 シャーロック・ホームズ全集 9

アーサー・コナン・ドイル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309610498
ISBN 10 : 4309610498
フォーマット
出版社
発行年月
2002年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
601p;20

内容詳細

ホームズ物語の単行本9巻の中で最後に発行された短編集。本全集でも最終巻であり、全集への前書きや参考文献抄を付した。12の短編からなりホームズ自身の執筆という形をとる作品が含まれるなど特異な性格が特徴。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陽香 さん

    20020130

  • 葉由 さん

    『サセックスの吸血鬼』が面白かった。解説も興味深いです。これでホームズ全集、全部読み終わりました!長かった・・・何度も読み返したくなるお話がたくさんあった。いつかまた読みます。

  • ぽま さん

    『マザリンの宝石』から『ショスコム荘』まで12編を収録。ホームズ譚全9巻・全60編は、これにて終幕を迎える。ワトスンによる語りではなく、ホームズ視点での物語展開など、切り口が新しい作品が含まれている。また、殺人事件よりも、事実の隠蔽による事件が多い。お気に入りは『三人ガリデブ』事件。ワトスンに対するホームズの珍しい一面が見られる。

  • ハヂメ さん

    ホームズ冒険譚これにて終幕。ホームズ本人が語るお話が読める唯一?の聖典。「ライオンのたてがみ」に「悪魔の足」と同じにおいを嗅ぐ。昔読んだときは、「三人ガリデブ」を面白いなと思っていたはずだが、読み返したらそうでもなかった。 機会があれば、また最初から読み返したい。

  • ちょこら さん

    ★★★ 全集ようやく読み終わりました。どれもとても興味深く読みましたが、シャーロキアンになるほどではないかな・・・。でも、作者の才能はすごいなと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・コナン・ドイル

1859年〜1930年。イギリス・スコットランド、エディンバラ出身。外科医師の助手、北氷洋行きの捕鯨船の船医を経験し、22歳で大学を卒業したあと、眼科を専門とする診療所を開いたがふるわず、患者を待つ間に小説を書きはじめる。1879年、処女作『ササッサ谷の怪』を発表。1887年、シャーロック・ホームズ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品