アーサー・ケストラー

人物・団体ページへ

ヨハネス・ケプラー 近代宇宙観の夜明け 現代の科学 新装版

アーサー・ケストラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309714127
ISBN 10 : 4309714129
フォーマット
出版社
発行年月
1977年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
358p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Steppenwolf さん

    筑摩文庫に最近加わったのでそちらに感想を書くべきだったかもしれない。足立恒雄氏の無限のパラドックスで,ケプラーを高く評価されていたので読んでみた。確かにケプラーの三法則というだけで済ませるには惜しい人物である。今までより親しみを感じるようになった。この時代の人は物理とか数学とか分かちがたい領域で仕事をしていた。要するに物理の仕事を進めるためには自分でその手段のひとつである数学的技法を開発したと言うことである。このような人こそがノーベル賞に値するのだ。新しい物の見方を作った人が大きな賞を受けるべきである

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・ケストラー

1905‐83年。ブダペストに生まれ、第一次大戦中移住先のウィーン大学で自然科学を学ぶ。ベルリンで科学編集の仕事に携わったのち、新聞報道員としてスペイン市民戦争に従軍、フランコ軍により、逮捕・投獄される。40年以降は亡命先のイギリスに居を定め、体験にもとづく著作のほか科学史・科学論の領域に幅広い活動

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品