アーサー・ケストラー

人物・団体ページへ

ヨハネス・ケプラー 近代宇宙観の夜明け ちくま学芸文庫

アーサー・ケストラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480091550
ISBN 10 : 4480091556
フォーマット
出版社
発行年月
2008年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,421p

内容詳細

1609年、「ケプラーの法則」が近代天文学への扉を押し開いた。それはコペルニクス、チコ、ガリレオ、ニュートンらが登場する一方、魔女狩りや宗教裁判が熾烈な時代でもあった。分水嶺の時代、人は一身にして二世を生きる。占星術で身を処しつつ、観測データへの信頼の下、狂気をはらんだ計算のあげく近代物理学への扉を開けてしまったケプラーもその一人。それがどれほど革命的なのかを理解したのは、ニュートンだった。曲がりくねり、ときに後ずさりさえしながら飛躍成長していく科学の姿を、ラディカルな科学哲学者ケストラーが活写した、定評あるケプラー伝。近代の力学概念形成の物語でもある。

目次 : 第1章 若き日のケプラー/ 第2章 『宇宙の神秘』/ 第3章 つのる苦しみ/ 第4章 チコ・ブラーエ/ 第5章 チコとケプラー/ 第6章 法則の発表/ 第7章 失意のケプラー/ 第8章 ケプラーとガリレオ/ 第9章 混沌と調和/ 第10章 花嫁を計算する/ 第11章 晩年/ 付録

【著者紹介】
アーサー・ケストラー : 1905‐1983年。ハンガリー生まれ。作家、ジャーナリスト、科学哲学者。大学では自然科学を学ぶ。新聞特派員としてスペイン市民戦争に参加。その後、科学史・科学論の分野にも進出

小尾信彌 : 1925年生まれ。東京大学天文学科卒業。東京大学名誉教授

木村博 : 1937年生まれ。東京大学物理学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェルナーの日記 さん

    16世紀末〜17世紀初頭にかけて活躍したケプラー。この時代の西洋は、占星術・錬金術・天文学等は明確になっていなかった。これ以降、天文観測・天文物理学が確立していく。その分水嶺に位置する人々の中で、最も成果を挙げた人物がケプラーだった(但し自分自身は、それに気がついていなかった)。彼は占星術の精神を持ち、天文物理学者の理性も有してした。よって彼は苦悩する。もし半世紀後に生まれていたら、彼はニュートンも代わりに万有引力を発見していただろう。しかし時代はそれを許さず微積分法というツールしか彼に与えなかったのだ。

  • pintarou さん

    かなり不可思議な人物だったようだ。そして粘着質。こういう人物は時代が生んだものだろうか。たしかに「分水嶺」というキーワードがあう。狂気と正気、中世と近代。ちょっと「自伝」すぎたので、もうすこし時代の流れの中で捉える視点があっても良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・ケストラー

1905‐83年。ブダペストに生まれ、第一次大戦中移住先のウィーン大学で自然科学を学ぶ。ベルリンで科学編集の仕事に携わったのち、新聞報道員としてスペイン市民戦争に従軍、フランコ軍により、逮捕・投獄される。40年以降は亡命先のイギリスに居を定め、体験にもとづく著作のほか科学史・科学論の領域に幅広い活動

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品