アーサー・ケストラー

人物・団体ページへ

スペインの遺書

アーサー・ケストラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787791108
ISBN 10 : 4787791109
フォーマット
出版社
発行年月
1991年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,295p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Jau さん

    アホくさい。戦争は全て。初読時は引き込まれた。1年後のウクライナ侵攻後、白けずにいられない。今年は、戦争にならなければと看守もどちら派の囚人も思うとの記述を見つける。象徴的なのは、銃殺される者とする者が荷台に乗り合い、触れ合う肌の熱さを直前まで感じていた場面。個人的クライマックスは図書係との出会い。 夏休みの日記のように始まり、内戦下の素朴な人々、読み書きを学ぶことを夢見る民兵、処刑を待ちつつなされた立場と人格への洞察。沖縄戦は本土決戦を遅らせる為と聞いた、兄妹を目前で死なせた孤児の番組を、昨日観た。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーサー・ケストラー

1905年ブダペストに生まれ、1919年以降ウィーンで育ったドイツ系ユダヤ人作家。1983年ロンドンで自死。1931年に共産党に入党しソビエト各地を旅行。パレスチナ、パリ、ベルリンでジャーナリストとして活動。1936年に英字紙の特派員として内戦中のスペインに派遣。翌年、右派フランコ軍によって投獄され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品