夏服を着た女たち 講談社文庫

アーウィン・ショー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061832480
ISBN 10 : 4061832484
フォーマット
出版社
発行年月
1979年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
281p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    ニューヨークを舞台にしたお洒落で叙情的な10篇の物語。学生スポーツのヒーローは卒業すると只の大人になり、成功の階段を昇っていく妻を苦い思いで見つめるようになる(『80ヤード独走』)。美しい妻と一緒の時も他の女性を眺めずにいられない夫。街を闊歩する『夏服を着た女たち』が眩しすぎるから(表題作)。恋を捨て女優の道を目指した女性は、夢破れて別れた男性と最後の逢瀬をする。誰にも言わなかった真相を語り始める(『愁いを含んで、ほのかに甘く』)。常盤新平氏の訳で初出は1979年。和田誠氏の装丁の文庫本は1984年初版。

  • metoo さん

    気持ちの良い日曜の朝、NY五番街、マイクルとフランセス夫婦が身を寄せて歩く。夫マイクルはすれ違う女に目が離せない。妻フランセス曰く「首の骨が折れるほど」振り返る。すれ違った女を見つめる眼つきが、私をはじめて見たときの眼と同じだと妻は感じ、厭な気持ちになっていく。私もこんな男を知っている。こういう男を一人の女に縛り付けておく事など無理なのだ。今ならそれもわかる。この「夏服を着た女たち」の他、短編が9編。どれも洗練された都会の心模様。

  • えみりん☆ さん

    お洒落な都会に住む夫婦や恋人の機微な会話が描かれた作品。どことなく漂うけだるさややるせなさにアメリカ的なものを感じます。「夏服を着た女たち」男の本性なのだろうと思わずにはいられない。

  • Mana さん

    あっさりした短編集。つい登場する女性に目がいく。一番最後の話が一番良かった。理知的な女性は好き。失敗を正面から受け止める姿も良い。

  • ひった さん

    タイトルを含む10編からなる短編集。どの短編も読み始めはすぐにシチュエーションを捉えにくいが、分かってしまえば、ストーリーにぐんぐん引き込まれる。犯罪小説風の「死んだ騎手の情報」、恋愛小説かと思っていたら、意外な展開が語られる「愁いを含んで、ほのかに甘く」他全編面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーウィン・ショー

1913年、ニューヨーク・ブルックリン生まれ。36年『死者を葬れ』で劇作家としてデビュー。その後「ニューヨーカー」などに次々と短篇を発表。第二次大戦に従軍したのち、48年に長篇小説『若き獅子たち』を刊行し注目を浴びる。1984年逝去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品