呪われし者の女王 ヴァンパイア・クロニクルズ 上 扶桑社ミステリー

アン・ライス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594018344
ISBN 10 : 4594018343
フォーマット
出版社
発行年月
1995年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,443p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑) さん

    **吸血鬼・ヴァンパイアクロニクルズ第三弾の上巻**感想は下巻でまとめます。

  • 蕭白 さん

    レスタトを取り巻く面々のエピソードが豊富に描かれています。映画のストーリーと異なる部分も興味深く感じました。

  • 那由多 さん

    感想は下巻にて。

  • アキ さん

    ヴァンパイアクロニクルズ第3弾。レスタトのロックスターとしての活動が、女王アカシャを眠りから目覚めさせた。マリウスは、世界中に危険のメッセージを放つが、あちこちでヴァンパイアが次々と滅ぼされていく。そして、赤毛の双子の夢を見るものが増える。

  • buchi さん

    翻訳ものにしてもかなり読みにくい文体に慣れず悪戦苦闘。 レスタトはほぼ不在で新しい登場人物が入れ替わり立ち替わり。今まで持ってたインタビューウィズヴァンパイア映画の配役イメージは捨てた方がいい雰囲気。 夜明けのヴァンパイア火事起きすぎと思っていたらこの巻で解説つきで特務機関の人に言及されてた。 女王の無言での無機質な暴れぶりが怖すぎる。下巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アン・ライス

1941年、ニューオリンズ生まれ。娘の死をきっかけに創作活動を開始した。邦訳に『夜明けのヴァンパイア』(ハヤカワ文庫)に始まる「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズや、「スリーピング・ビューティ」三部作(以上、扶桑社ミステリー)などがある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品