アン・マキャフリイ

人物・団体ページへ

竜の挑戦 パーンの竜騎士 8 ハヤカワ文庫SF

アン・マキャフリイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150113667
ISBN 10 : 4150113661
フォーマット
出版社
発行年月
2001年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
395p;16

内容詳細

2500巡年以上の年月にわたり、パーンの人々を悩ませてきた糸胞。大巌洞の竜騎士たちは、竜で空をとびまわり、宇宙からやってくる糸胞を退治してきた。だが、南ノ大陸で発見されたコンピュータ、アイヴァスがすべてを変えようとしていた。植民初期の歴史にはじまり、今では失われた物理、天文学、情報技術など、さまざまな知識をアイヴァスは明らかにしていくのだ…糸胞と戦う竜騎士たちの活躍を描く、シリーズ第八弾。

【著者紹介】
アン・マキャフリイ : 1926年4月1日、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。ラドクリフ大学で、スラヴ系言語と文学を学び、ダブリンの大学で気象学を学んだ。コピーライターやデザイナーの仕事を経て、作家となる。ヒューゴー賞とネビュラ賞を受賞した“パーンの竜騎士”シリーズをはじめ、“九星系連盟”シリーズや『塔のなかの姫君』、『クリスタル・シンガー』、『フリーダムズ・ランディング―到着―』など、マキャフリイならではの魅力的な登場人物を配した作品を多数著している

小尾芙佐 : 1955年津田塾大学英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しまっち。 さん

    失われた知識、技術を突然目の前に突き付けられて、驚きながらも好奇心旺盛に受け入れ習得していく人達、訝しみ、怪しみ拒絶し続ける人々。そんな価値観の違いによる反発などの小さく見える問題がある一方、とうとう宇宙空間に浮かぶ船にまでたどり着いて糸胞退治に向けて着実に進んでいく指導者達。しばらく竜が表にでてきてなかったけど、ルースが活躍しているのも嬉しい。しかしどんどん面白くなってくな〜。すごいんだな、マキャフリイ。

  • konkon さん

    竜と魔法の出ないファンタジーから魔法(科学)が登場しファンタジー(SF)ぽくなったけど、物語の感じは変わらずです。アイヴァス凄いです。

  • みっくん さん

    久々に再読。我ながら、なんで、こんな中途半端からとは思うんですが、まともに再読しようとすると全部になるし、アイヴァス読みたかったし。パーンが大きな転機を迎えました。この後、糸胞のなくなったパーンはどうなるのやら。個人的には、この人の他の宇宙と関わって言って欲しかったのですが、なにせ作者がお亡くなりになられましたからね。 この作品ではアイヴァスの再起動が行われ、糸胞を根絶するために動き始めますが、まだ上巻では全貌は見えません。下巻のお楽しみ。

  • 北摂 さん

    発見されたアイヴァスにより、失われた知識を取り戻そうと動くパーンの人々。 そして、竜はヨコハマヘ人を運び、稼動させる。糸胞を退治するために。その糸胞はオールトの雲から赤い星に引っ張られてパーンに降り注ぐようだ。忘れられたイルカも出てきたし、話が急展開してます。下巻が楽しみです^^

  • いちはじめ さん

    過去のオーバーテクノロジーの登場がこの世界にどんな影響をもたらすのか? そこはマキャフリイ、一筋縄ではいかないようで……

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アン・マキャフリイ

1926年4月1日、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。ラドクリフ大学で、スラヴ系言語と文学を学び、ダブリンの大学で気象学を学んだ。コピーライターやデザイナーの仕事を経て、作家となる。ヒューゴー賞とネビュラ賞を受賞した“パーンの竜騎士”シリーズをはじめ、“九星系連盟”シリーズや『塔のなか

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品