アン・フィリッパ・ピアス

人物・団体ページへ

まぼろしの小さい犬

アン・フィリッパ・ピアス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001155068
ISBN 10 : 4001155060
フォーマット
出版社
発行年月
1989年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,241p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 内島菫 さん

    少年の想像する大きい犬や、額縁に入った刺繍の犬、実際におじいさんが飼っている犬、少年が目を閉じると出てくる小さいけれど勇敢な犬、本に書いてある犬、おじいさんの犬が産んだ子犬たち、最後に実際に少年のものになった臆病な犬、といった様々なレベルの犬たちが何層にも重なって分厚い織物になったような本だった。少年が想像し、ついにはほとんど病的なまでにとりつかれていたまぼろしの小さな犬は、彼が自分にはない勇気や強さが投影された存在だったように思える。

  • キュア さん

    おじいさんは誕生日に犬をくれると約束した。でもベンのもとに届いたのは、刺繍された犬の絵だった。がっかりしたベンは、想像のなかで犬を飼いはじめる…。ベンとの約束をおじいさんが「ごまかして」しまったことや、口では許しながら、気持ちの方はどんどん犬に傾いていくベンの様子など、あるがままを丁寧に描いていて、どの登場人物にも共感できた。ラストに、ベンが想像の犬への想いを断ち、失望した現実の犬に愛情を覚えるシーンでは特にベンを愛しく感じた。こどもの領域に無闇に踏み込まない大人たちも良かった。「リアリズムの傑作」。

  • 後藤 さん

    ベンは心の中に自分だけの犬を飼うようになった。目を瞑ると自分の犬がいる。ベンはだんだんこの犬に夢中になって、一日中、歩いている時でも目を瞑って犬と過ごすようになる。目を開けていたって現実は退屈で何も面白いものはない。ベンがだんだん空想の中に引きずり込まれていく描写がおもしろい。ベンの気持ちは、すごくよくわかる気がする。最後に、現実で犬が飼えるようになって喜ぶベンだが、自分の心の中の犬とあまりにも違うので初めは受け入れられなかった。ベンは心の中の犬を捨てることで現実の犬を受け入られるようになる。

  • hamham さん

    人生はパーフェクトではない。欲しいものが手に入る人もいるし、手に入らない人もいる。どうして自分は手に入らないんだと嘆いたところで誰も与えてはくれず、手元に来たもので満足するしかない。自分の人生は完璧ではないと悟り、妥協を覚える、それもまた大人になる一歩なのかもしれません。読んだ者の心に苦い傷跡を残すのが名児童文学ならば、間違いなく傑作。

  • 鮎@3月まで停滞中 さん

    全編を覆う主人公ベンの寂しさは、少年だけど哀愁と言いたいくらい。ベンは家族の中で孤立してしまうけど、それ自体は誰のことも責められない。姉弟たちに悪意はなく、母親もベンの様子に注意を払っている。でも犯人がいないからこそ手に負えないんだよね。自分だけの味方で理解者になる犬を欲しがるベンの気持ちは、本人が自覚している以上に切実なものだったように思う。ベンが幻の犬を見始めたとき漂い始めた危険な予感は、心ではなく事故という現実で結果を見るけど、それによってあのラストシーンが導かれるのかと思うと少し皮肉な気もする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品