ちびねこグルのぼうけん 世界傑作童話シリーズ

アン・ピートリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834006254
ISBN 10 : 4834006255
フォーマット
出版社
発行年月
2003年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,132p

内容詳細

ころころ太った子猫のグルは、お母さんや兄弟たちと別れて、新しい家にやってきた。でも、話をする相手も、遊ぶ相手もいなくて…。ちょっと短気でやんちゃなグルがくり広げる、愉快で楽しいお話。

【著者紹介】
アン・ピートリ : 1908年、アメリカのコネティカット州、オールド・セイブルックに生まれる。生家は、アフリカ系アメリカ人家庭で、三代にわたりドラッグストアを開業。コネティカット大学で薬学の博士号を取得後、家業に従事するも、1938年に結婚、ニューヨークに移って黒人新聞の記者となる。それを機に、長・短編小説や歴史物語を書くようになる。1946年の初の長編、黒人母子家庭の悲劇を描いた『街路』は、ホートン・ミフリン文学賞を受け、ミリオン・セラーになる。1997年没

古川博巳 : 1927年、奈良市に生まれる。神戸市外国語大学・英米学科中退。県立芦屋高等学校、神戸商科大学、京都女子大学、天理大学などを歴任、英語・米文学・黒人文学などを担当。1954年、〈黒人研究の会〉創設に参画し、前代表、現在は顧問。その貢献により2002年、ボストン大学での国際会議に招かれ、表彰される。兵庫県在住

黒沢優子 : 1957年、新潟県に生まれる。1980年、お茶の水女子大学卒業。1995年‐96年、山形県遊学館外国絵本コンクールで二年連続優秀賞受賞。タンチョウと釧路湿原で有名な北海道鶴居村在住

大社玲子 : 1946年、山口県に生まれる。青山学院大学英米文学科卒業。在学中から子どもの本のさし絵を描きはじめる。1988年‐89年、フランスに滞在。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    ちびねこグルは「ちっくしょう!」が口癖。新しい飼い主のドラッグストアで生活を始める。ねこの言葉が分からない飼い主に「ちっくしょう!」とイライラするけれど、周りのねこの言葉が分かる人に出会い少しずつ変わっていくグル。グルの成長ぶりに温かい気持ちになりました。

  • mntmt さん

    自分の短所を認め、直そうと努力するところが良かった。

  • yakinori さん

    絵本にしてはなかなかの長編。家族のもとを離れてジェームスさんのドラッグストアで暮らすことになったグルの、成長のお話。グルは短気な性格で、小梅太夫ばりに「ちっくしょう!」と叫ぶのが子供向けの絵本としては妙にシュール。短気は損気ですね。

  • ノイエ(NOIE) さん

    犬派の私が出会う猫物語🐈 最近出会いの多い猫📙 可愛いくて賢いグル✨ 子猫なりの葛藤と成長も愛おしいほど😊 私も猫語が分かる人になる日も近い?

  • まみっち さん

    長いけどおもしろかった!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アン・ピートリ

1908年、アメリカのコネティカット州、オールド・セイブルックに生まれる。生家は、アフリカ系アメリカ人家庭で、三代にわたりドラッグストアを開業。コネティカット大学で薬学の博士号を取得後、家業に従事するも、1938年に結婚、ニューヨークに移って黒人新聞の記者となる。それを機に、長・短編小説や歴史物語を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品