アン・ハドソン・ジョーンズ

人物・団体ページへ

看護婦はどう見られてきたか 歴史、芸術、文学におけるイメージ

アン・ハドソン・ジョーンズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784882670230
ISBN 10 : 4882670232
フォーマット
出版社
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,294,24p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 古本虫がさまよう さん

    「看護婦の仕事は親密なものだ。看護婦は職業上、患者のもっともプライベートな部分を見たり、触ったりすること、つまり通常の社会的タブーの侵犯を許されている」と指摘し、アメリカの「プレイボーイ」(1983年11月号)が、表紙に初めて女性の顔写真だけのものを載せたことがあったと紹介する。 普通は裸体に近い恰好の女性を載せるのに…。なぜか?その顔写真は「看護婦の顔写真」だけだったとのこと。ただし、ナースキャップをかぶっていたという。それだけで、裸体に近い恰好をしなくても、エロスが伝わると編集部は判断した---と。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品