アン・スチュアート

人物・団体ページへ

魔女たちのクリスマス ハーレクイン文庫

アン・スチュアート

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784596931252
ISBN 10 : 4596931259
フォーマット
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,293p

内容詳細

何かが起きる。それも男性に関連したこと…。カード占いに現れたお告げに、シビルは胸騒ぎを覚えた。小さな書店を営みながら占い師協会の秘書をしているシビルは、今夜、ひとりの客人を迎えることになっている。ハーバード大学教授のニコラス・フィッツシモンズ。著書の文面から察するに、どうせ偏屈な老人だろう。だが教授と出会った瞬間、今朝の占いが脳裏によみがえった。罪なほどハンサムで、悪魔のように魅力的な男―あのお告げは、危険な男に心奪われてはならないという警告だったの。

【著者紹介】
アン・スチュアート : 数々の受賞歴を誇る全米ベストセラー作家。少女のころから文章を書くのが好きで、25歳のときに初めて小説を出版。以後、幅広いジャンルで旺盛な執筆活動を続ける。官能的なタッチとスリリングな展開が世界中で人気を博し“ロマンス・フィクションの旗手”との呼び声も高い。現在ヴァーモント州に夫と子供たちとともに暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • *ニコル* さん

    うーん、これは好きになれないお話でした。人がいいといえば聞こえはいいけど、それにしては自分の家族に対する思い込み(被害妄想)は酷すぎでは…。思い込みの強すぎるヒロイン、ラストもなんだかなぁ、と思ってしまいました。

  • こえん さん

    占い…とかもイケてないけど、ヒロインの思い込みがみっともないレベルで嫌だ〜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アン・スチュアート

数々の受賞歴を誇る全米ベストセラー作家。少女のころから文章を書くのが好きで、25歳のときに初めて小説を出版。以後、幅広いジャンルで旺盛な執筆活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品