マリクロワ

アンリ・ボスコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784931207233
ISBN 10 : 4931207235
フォーマット
出版社
発行年月
1990年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,542p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • syaori さん

    これはメグルミューからマリクロワへのメタモルフォーゼと、マリクロワ一族の贖罪の物語だったのでしょうか? 金髪のデルフィーヌと白い牡牛から始まる罪と没落、残された土地での簡素な生活。母方の大伯父(最後のマリクロワ)の遺言に従ってその生活を引き継いだ主人公の、水に囲まれた土地の土の香りさえ感じられるような日々と土地の名を持つ女性の出現…。まるで神話なのですが、しかし大伯父の遺志を実行した彼がその土地の名を叫んだとき、一人のマリクロワの顕現と「厳しい楽園の到来」をはっきり見たとは思うのです。アンヌ=マドレーヌ!

  • cue.1 さん

    ←外伝「シルヴィウス」に感想前半○◎「マリクロワ」は庭園・農園のような父系の気質を継ぐ主人公が、荒野のような母系を継ぐまでを描く、鎮魂のための物語。外伝には“自然-人間”のデルフィーヌがいる。本作での“感覚している私”が語られるのだろうか。散文詩小説的でブローディガン西瓜糖(メグルミュー:アイデス、マリクロワ:虎、シルヴィウス:インボイル)のようでもある。ネイチャーライティングとロマン派をあわせたような作風、詩(バシュラール)に関心がある人には興味深く読めると思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品