アンリ・ド・トゥルーズ・ロートレック

人物・団体ページへ

ロートレック・ストーリー

アンリ・ド・トゥルーズ・ロートレック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062663595
ISBN 10 : 4062663597
フォーマット
出版社
発行年月
1997年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
59p;18X20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アコ さん

    ロートレックは母が大好きで実家にあった画集などによって幼い頃から馴染みがあった画家。この本の表紙の『ディヴァン・ジャポネ』そして裏表紙の『アリスティード・ブリュアン』(ロートレックの親友でもある歌手)がやはり最も印象深い。彼が体に障害をもっていたことは知っていたけれど、それによる差別を受けていたがゆえ娼婦や踊り子などの夜の世界に共感してムーランルージュの華やかな世界を描いていたとは!添えられている「ぼくの身長が人並みだったら絵なんか描かなかったのに」という一文がなんとも衝撃的。

  • lonesome さん

    いいなあ。ロートレック×田村隆一の詩に魅かれて図書館で借りてみた。時代背景やフランスのことやロートレックのまわりの人達に関しての知識がまったくなく、どんな人々を題材に描いていたのかまるで知らなかった。なるほどそういうことだったのかとわかり、絵に一段と興味を持った。ぜひ今度本屋で探して手に入れたいと思う。

  • 遠い日 さん

    世紀末のデカダンとロートレック自身の歪な心情が交錯する夜の絵。華やかで淫微な作られた世界。夜の仮面の娼婦に踊り子。奇妙に寄り添う熱い思いが滲む絵の、人間臭さ。人を見る目の濁りのなさに、喧噪は沈み、苦悩は澄む。苦しみ抜いた画家の魂を絞るような絵に、ただ黙す。

  • トムヤムクン さん

    好きだなぁ。ロートレック。ブンカムラの展示会楽しみぃ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品