アンヌ・ロール・ボンドゥー

人物・団体ページへ

マルヴァ姫、海へ! ガルニシ国物語 下 児童図書館・文学の部屋

アンヌ・ロール・ボンドゥー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013674
ISBN 10 : 4566013677
フォーマット
出版社
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,322p

内容詳細

見知らぬ列島に迷い込んだマルヴァ姫と仲間たち。列島の掟に従わなければ、“奈落”に突き落とされるという…。航海の果てに待っているものとは。フランスで大人気、マルヴァ姫の冒険物語完結編。

【著者紹介】
アンヌ=ロール・ボンドゥー : 1971年パリ郊外の生まれ。10歳で小説を書き始める。現代文学を学んだのち、出版社に勤務しながら若い読者に向けた作品を発表し続け、人気作家に。ソルシエール賞ほか、数々の児童文学賞を受賞している

伊藤直子 : 1968年新潟県生まれ。東洋大学文学部卒業。フランス語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 今夜は眠れない さん

    ちょっと、哀しいエピローグ。

  • 猫月 さや さん

    シリーズ下巻。上巻より展開が早い。上巻でガッカリだった悪役がガッツリ悪霊化してて頑張ってた。この人も死んじゃうの!ってくらい主要人物、死にまくり‥。いろいろ予想外という意味では新鮮。

  • もみち@読みたい本1004冊 さん

    【図書館】やっぱりエンディングは……一年前は悲しい、やりきれない、っていうものだったけれど、今になればガッカリ、と思ってしまいました。マルヴァは前を向いて歩いていけたけれど、私ならずっと過去を引きずってしまうな、と思った。

  • 月兎 さん

    http://tukito.blog.shinobi.jp/Entry/476/

  • まぁこ さん

    これだけ引っ張っといての、まさかの展開とエンディング。フランスものらしい・・と訳者の方は言ってますが、自分勝手な姫に振り回された周りがかわいそう、といった印象になってしまいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品