アンナ・ヴァーレンベルイ

人物・団体ページへ

大きな山のトロル

アンナ・ヴァーレンベルイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265033409
ISBN 10 : 4265033407
フォーマット
出版社
発行年月
1999年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31p;26

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 7petit さん

    おはなしはすごくいいのにな。なんだかもったいない絵本。私には表紙が楳図かずおを彷彿させ、トロルの絵の表現もちょっと不満が…語りで子どもたちに届けたいおはなしです。

  • がる  さん

    スウェーデンのお話。 絵はちょっと苦手な感じだけれど、お話は良かったです。 もっと早くにオッレと出会えていたら、悪いことしなくてすんだかもね。 やぎと一緒に子どもたちも、返してくれたらホントにハッピーエンドなのになー。

  • 杏子 さん

    市立図書館からのもらいもの。スウェーデンの昔話。だけど、挿絵はなぜか?日本人なのね。とか思ったけど、調べたら福音館書店の月刊誌「母の友」に掲載されたお話だったのね。「母の友」は以前、購読していたけど最近はめっきりご無沙汰。内容は、トロルにさらわれないよう、お父さんとお母さんは息子のオッレによくよく言い聞かせて出かけるけれど、その留守番中に・・・というお話。どこかで聞いたことのある話。こういうのは予定調和みたいなもので、子どもたちは安心して聞ける話かもしれませんね。

  • lovalotta さん

    挿絵は日本人。あまりに日本人らしい感性で、挿絵として不適格かも。お話自体は民話の典型で、危機をうまく回避していて面白い。義理堅いトロウルの姿勢がすばらしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品