アンナ・ピンヤタロ

人物・団体ページへ

いつまでも 主婦の友はじめてブック

アンナ・ピンヤタロ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784072528365
ISBN 10 : 4072528366
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,32p

内容詳細

「お母さんはいつまで僕のお母さんなの」。森の中で小熊のオリが尋ね、いつまでもよとお母さんは答える。でも、オリには「いつまでも」がどんな感じなのかわからず…。親子でいることの幸せをかみしめられる絵本。

【著者紹介】
アンナ・ピンヤタロ : 1965年オーストラリア、メルボルン生まれ。幼いころから絵本作家になることを夢み、美術大学を卒業後、世界じゅうを旅して、古書や絵画をみてまわる。手がけた児童書は25冊以上にのぼり、うち多数がオーストラリア児童図書評議会の推薦をうけている

たわらまち : 俵万智。1962年大阪生まれ。大学在籍中に短歌をはじめ、卒業後、国語教師をつとめながら歌をつくりつづける。1987年、第一歌集『サラダ記念日』を出版、翌年、第32回現代歌人協会賞受賞。以後、歌集・エッセイ・評論など、次々と世に出しつづけ、2004年、『愛する源氏物語』で第14回紫式部文学賞受賞。2007年、『プーさんの鼻』で第11回若山牧水賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒロ@いつも心に太陽を! さん

    「おかあさんは、いつまでぼくのおかあさんなの?」「いつまでもよ」「おかあさんは、いつまでぼくのことすき?」「いつまでもよ」・・・(-Д-*)なんか、いいなぁ!親子でいるって、なんて幸せなことなんだろうね。いつまでも、あなたは私の大切なこどもだし、わたしはあなたのおかあさんなんだよ、ってとても大きな暖かさを感じる絵本だった。絵も雰囲気にぴったりで素敵(*^∨^*)

  • リハビリ中の雨巫女。 さん

    《書店》こんなこと言われたら、抱き締めて離せなくなりそう。

  • あおい さん

    こぐまちゃんがお母さんに「いつまでぼくのお母さんなの?」と聞きます。絵が可愛いし俵万智さんの訳も優しくてあったかいです。

  • 泰 さん

    表紙のくまの親子が素敵で手に取りました。優しくて暖かいお母さんの愛情がいっぱい詰まっています。

  • Myan2Myan さん

    息子の一番大好きな絵本です。久々に読んでとせがまれ、読み聞かせしました。『いつまでも…ってどんな感じ?』小さな子供に『感じ』を説明するのは難しいですよね。母グマは、やさしく子グマのオリに話します。ページをめくる度に柔らかな色調のイラストと愛情に溢れた言葉にうっとりします。何度も読んでいる本ですが、息子の顔も、にんまり幸せそうな笑顔。改めて素敵な本だなぁと思いました。いつまでも大切にしたい一冊です。プレゼントしてくれた友人に感謝です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンナ・ピンヤタロ

1965年オーストラリア、メルボルン生まれ。幼いころから絵本作家になることを夢み、美術大学を卒業後、世界じゅうを旅して、古書や絵画をみてまわる。手がけた児童書は25冊以上にのぼり、うち多数がオーストラリア児童図書評議会の推薦をうけている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品