アンドレ・ダーハン

人物・団体ページへ

ぼくはこころ BOOKS POOKA

アンドレ・ダーハン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784052029400
ISBN 10 : 4052029402
フォーマット
出版社
発行年月
2008年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,40p

内容詳細

ぼくは小さいけれど、とっても大きな「こころ」。いつだって「きみ」のことが好き。だから、ずっと一緒にいたいんだ…。ふんわりと包み込んでくれるやさしい絵と、まっすぐに想いを伝えるメッセージが詰まった絵本。

【著者紹介】
アンドレ・ダーハン : 1935年アルジェリア生まれ。フランスの国立パリ工芸学校卒。パリ装飾美術学校で美術を教える傍ら、イラストレーターとして活躍。1987年に最初の絵本『ぼくのともだちおつきさま』で一躍世界中の人々に知られる。現在はパリ在住

角田光代 : 1967年神奈川県生まれ。作家。90年『幸福な遊戯』(角川書店)で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』(幻冬舎)で野間文芸新人賞、05年『対岸の彼女』(文藝春秋)で直木賞、07年『八日目の蝉』(中央公論新社)で中央公論文芸賞を受賞。ほか受賞・著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    一片のてらいもない直球の愛の言葉。「大好きだから」「一緒にいればしあわせだから」。思ったことはある……ずっと昔に、たぶん。でも、口に出して言ったことはない。翻訳者の角田光代さんは「言葉を知らない幼い日には、言葉ではない方法で伝えようとしていたのではないだろうか」と書いている。「ダーハンの絵本は、言葉を覚えることによって私たちがしまいこんでしまった原石のような気持ちを伝える」とも。2008年1月初版。

  • thayami さん

    読後、次男は少々照れてた。かわいい・・・。(笑)『こころ』。心の持ち方で、楽しくもなれば、悲しくもなる。目に見えないくらい小さいけど、”大きい”。愛し、愛される。「心を通わす」素晴らしさを再認識させてくれる。絵も、そのような温かみが一杯。特に、朝日と夕日のシーンは、愛情も一杯。訳者(角田氏)のあとがきにも同感。温かいなぁ・・・。

  • 水の国の雨巫女。 さん

    《図書館》こころがかわいくて、愛おしい。

  • ごまポン さん

    かわいらしい絵本。すきな人にすきと言うのって大切だね。おくりものによさそう。

  • けいねこ さん

    大好きだから、いつもいっしょにいたい。その想いを直球でぶつけている絵本。若い頃だったら、大きくうなずいて受け止めただろう。でも、人生後半に入った今、「いつもいっしょにいたい」は重い。「好き」と「いっしょにいたい」は「=」じゃない。好きだから、いっしょにいるのはうれしいけれど。それぞれの道を歩きながら、その道が時々合流して分岐して、知らないところがあって同じところがあるからこそ、好きなのだと思う、私の場合。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品