モンテーニュ論

アンドレ・ジード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003255919
ISBN 10 : 4003255917
フォーマット
出版社
発行年月
1990年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
109p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    旧字体にしてカタカナ混じりで読みづらし。 「モンテーニュに従ひて」で、 「彼が青春をかくの如く異常に信頼してゐるために、彼は40歳で 自身を老人と考へるに到り(尤もこれは当時の習慣ではあつたが)、 もはや人生に何も期待するものもなく、余命は纔(わず)かに思索と 回想とに過ごすに如くはないと思ひ、この年齢を期として書斎の中へ退いてゐるのである」(69頁)。 僕は、この40歳定年説でいうと、もう自分史を出しているので、全く同感。

  • うえ さん

    「私は、モンテーニュの倫理のうちに、単に放埒さよりも寧ろ探求や要請といふものがあると思ふのである…自然の忠言のみを優れたものとする信念は益々確固たるものとなつて行き、人々は、これをルソーのユウトピアへ歩み寄るものと好んで考へたのではあるが、私は寧ろゲーテの異教的慧智にこの信念に結び附けたい」「モンテーニュが自分の話をしている全ての章句を削除するならば『エセー』全巻の三分の一は減ることになるだらうある人達は如何にもさうしたいに違ひない。パスカルは言っている。「自己を描くとは愚かしい企てである」と」

  • 泉を乱す さん

    『モンテーニュに従ひて』のラスト、死に際の話も然り、こんな旧字体の本なのにクスクスできる箇所あって、モンテーニュとジイド両方好きになったわ。

  • bicirrhosum さん

    「實際、眞理の探求は、眞理そのものよりも以上に彼の氣に入つてゐるらしい」モンテーニュは探求を好むばかりでなく、そもそもそこに到達することなどできないということを感づいていたのではないか。真理の、あるいは自己の周りを彷徨することしかできないということ。彼の、引用を積み重ねる書き方は、そのことを表してはいないか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品