アンドルー・S・タネンバウム

人物・団体ページへ

オペレーティングシステム 設計と実装

アンドルー・S・タネンバウム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894717695
ISBN 10 : 4894717697
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
追加情報
:
23cm,1111p

内容詳細

目次 : 第1章 オペレーティングシステム概論/ 第2章 プロセス/ 第3章 入出力/ 第4章 メモリ管理/ 第5章 ファイルシステム/ 第6章 参考文献と引用文献/ 附録

【著者紹介】
アンドリュー・S・タネンバウム : M.I.T.にてS.B.の学位を、またカリフォルニア大学バークレイ校からPh.D.の学位を得る。現在、オランダ、アムステルダム自由大学コンピュータサイエンスの教授であり、そこでコンピュータシステムグループ長をしている。2005年1月まで12年間大学院コンピューティング&イメージング専攻科長を勤める。ACMならびにIEEEのフェローであり、またオランダ王立芸術科学院のメンバである。1994年ACM Karl V.Karlstrom Outstanding Educator(最優秀教育賞)、1997年ACM/SIGCSEの最優秀コンピュータサイエンス教育貢献賞、そして、優秀な教科書執筆により2002年Texty賞を受賞している。2004年には、王立芸術科学院より5名の新アカデミープロフェッサーの一人に任命された

アルバート・S・ウッドハル : M.I.T.にてS.B.の学位を、またワシントン大学からPh.D.の学位を得る。M.I.T.に電気技術者になるつもりで入学したが、生物学者として頭角をあらわす。マサチューセッツ州アマーストのハンプシャカレッジ自然科学専攻(大学院)の教員

吉沢康文 : 1944年東京都に生まれる。1967年東京工業大学理工学部応用物理学科卒業。(株)日立製作所中央研究所入所。1995年東京農工大学工学部教授。現在、東京農工大学大学院工学府情報工学専攻教授。工学博士

木村信二 : 1962年長崎県に生まれる。1980年長崎県立長崎工業高等学校電子工学科卒業。(株)日立製作所システム開発研究所入所。1983年日立京浜工業専門学院ソフトウェア工学科卒業。現在、(株)日立製作所システム開発研究所主任研究員

永見明久 : 1976年神奈川県に生まれる。1999年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業。2001年同大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了。(株)日立製作所システム開発研究所入所。現在、(株)日立製作所システム開発研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yshigeru さん

    MINIX 3はマイクロカーネルなので、UNIXやLinuxとはその設計思想が大きく異なる。また、MINIX 3は教育用OSとして、そのソースコードを印刷した状態で学生のバックパックに収めねばならないという制約もある。この本の真の価値は、このようなMINIX 3特有の部分にはない。真の価値は、典型的UNIXカーネルが解かねばならない問題を示した点にある。MINIX 3とLinuxは、この意味で、同じ問題に対する異なる解答である。本書は、OSとは何かという根源的問題を提起する本である。

  • yshigeru さん

    感動の読了。今まで何時挫折したかわからない。つまるところ、OSも単なる巨大なCプログラムに過ぎず、従ってソースを読めば理解できる。コツは、最初にソースを読んでから解説を読むこと。本文の翻訳は悪くないが、ソースコードのコメントの訳がよくない。

  • y42sora さん

    実際のOSではどう動いているのかを知りたいならばお勧め。ソースコードをアルゴリズムと共に詳しく説明している。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品