アンドリュー・クレメンツ

人物・団体ページへ

お金もうけは悪いこと?

アンドリュー・クレメンツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062141543
ISBN 10 : 406214154X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,245p

内容詳細

6年生のグレッグはお金もうけが大好き。グレッグは、学校で自作のコミック本を売りだす。みんなに好評だったが、当然、校長先生はこれを禁止。それに対して、グレッグはある作戦を立て…。

【著者紹介】
アンドリュー・クレメンツ : 1949年、アメリカ生まれ。小学校教師を経て、絵本・児童文学作家として活躍

田中奈津子 : 東京都生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。会社勤務の傍ら、日本翻訳専門学院で児童文学の翻訳を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆう さん

    日本じゃ、学校でお金もうけするなんて絶対にあり得ないけど、アメリカではお金もうけも勉強のひとつって考えているところが、やっぱり違うよなぁ。ここまではやりすぎだけど、幼いうちから金銭感覚を養うことって大事だと思う。グレッグの将来が楽しみだわ。

  • tenteco さん

    お金もうけが趣味の男の子が主人公。学校で物を売ってはいけないというルールを変える行動力、仕事をする喜び、社会に貢献する喜びを学ぶ。先生と子どもの立場が理屈が通っていれば対等なところ等、羨ましい。

  • ニャニャニャニャ さん

    新しいお金がやってくる12→36。24新しいお金。儲けるだけではダメ。私利私欲ではないものが無いと商売は成り立たないということが描いてあるのは良い。

  • 町 さん

    ★★☆☆☆ 子供向け経済教本かと思いきや、完全に小説だよ。赤ちゃんの頃から(!)お金が好きで好きでしょうがない少年グレッグくんがあの手この手でお金儲けをしようとするお話なのですが、お金儲けの手段が労働(お手伝い)や家内制手工業(漫画を作って売る)あたりに限定されるのはやはり小学生であるなぁ。

  • kyoko さん

    なかなか面白かった!小学生でお金もうけのことばかり考えてる少年はあまり好きじゃないな〜なんて思ったけど、もっと必要な事にも気づいたのはホッとした。でも日本の小学校では、こんなこと許されないだろうな〜^^;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンドリュー・クレメンツ

1949年アメリカ生まれ。シカゴ近郊での教師生活を経て、絵本・児童文学作家として活躍。児童文学デビュー作『合言葉はフリンドル!』は全米で600万部以上売れ、受賞多数。世界12か国以上で翻訳される。「学校物語の帝王」と呼ばれ、80冊以上の作品を出版している。4人の子どもは成人し、メイン州に妻と暮らす

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品