アンドリュー・キャンベル

人物・団体ページへ

成長への賭け 本業にフィットする新規事業を発掘する 上巻

アンドリュー・キャンベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784903241234
ISBN 10 : 4903241238
フォーマット
発行年月
2006年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,285p

内容詳細

成長は絶対的な価値ではない。「低成長経営」こそが健全な底力の源泉である!イギリスMCA(Management Consultancies Association)「ベスト・マネジメント・ブック2005」受賞。

目次 : 第1章 新規事業への挑戦(インテルの物語/ マクドナルドの物語/ インテルとマクドナルドのその後の物語/ なぜ2社は失敗したのか)/ 第2章 「賭け」に打ち勝つ(フィットする事業機会の不足/ 研究の概要 ほか)/ 第3章 新たな支柱構築の難しさ(事業のライフサイクル/ 内在的リスク/ 回避可能な失敗の原因/ なぜ新規事業は失敗するのか)/ 第4章 低成長が賭けに勝る時(成長支持派の議論/ 低成長はどれくらい一般的なのか ほか)/ 第5章 新規事業トラフィック・ライト(三種類の信号で新規事業の可否を判断する/ わが社は価値優位性を築いているか ほか)

【著者紹介】
アンドリュー・キャンベル : アシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センターのディレクターで、さまざまな主要企業に対して積極的なコンサルティングを行っている。マッキンゼー・アンド・カンパニー(ロンドンとロサンジェルス)のコンサルタント(戦略および組織問題)を経て現職。ロンドン・ビジネス・スクールのビジネス戦略センターの前フェロー。現在はシティ・ユニバーシティ(ロンドン)の客員教授を兼務。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌をはじめ、数多くの記事や論文を執筆

ロバート・パーク : 英国銀行セクターで25年のキャリアを誇る。最後の12年間はナショナル・ウエストミンスター銀行(ナットウエスト)グループの戦略グループ責任者を務めた。その後、コンサルタントとして独立。アシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センターのアソシエイト

鈴木立哉 : 一橋大学社会学部卒業。コロンビア大学大学院経営学修士。野村證券、KBS証券を経て、現在、翻訳会社ティーベスト代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンドリュー・キャンベル

アシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センターのディレクターで、さまざまな主要企業に対して積極的なコンサルティングを行っている。マッキンゼー・アンド・カンパニー(ロンドンとロサンジェルス)のコンサルタント(戦略および組織問題)を経て現職。ロンドン・ビジネス・スクールのビジネス戦略センターの前フ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品