アントーン・パーヴロヴィチ・チェーホフ

人物・団体ページへ

少年たち

アントーン・パーヴロヴィチ・チェーホフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896421781
ISBN 10 : 4896421787
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,39p

内容詳細

新天地アメリカへの冒険に心惹かれる「少年たち」。夜の病院にひとり残された少年を描く「小さな逃亡」。レフ・トルストイが厳選したチェーホフの30作品中で、特に年少者のために選び、好んで朗読した作品を収録。

【著者紹介】
アントンP・チェーホフ : 1860―1904。庶民の子として生まれ、中学の頃から苦学を重ねた。モスクワ大学医学部在学中も家計を助けるため、ユーモラスな短篇を多数の雑誌に発表。社会的関心も高く、結核を養いつつ社会活動や多彩な創作を展開した

エカテリーナ・タバーフ : 1970年モスクワ市で、アニメーション監督ノルシュテインを父に、美術監督ヤールブソワを母に誕生。1987年〜93年チェーホフ記念モスクワ芸術アカデミー劇場(モスクワ芸術座)付属演劇学校の舞台装置学科で学ぶ。ここで未来の夫、ロマン・タバーフと知り合う。1997年〜98年モスクワのアニメーションスタジオ“パイロット・スタジオ”の美術・アニメーター特別コースで学ぶ。美術家、アニメーターとしてモスクワとサンフランシスコのスタジオで仕事をする。現在、夫と1男1女とアメリカ在住

児島宏子 : 映画、音楽分野の通訳、翻訳、執筆に広く活躍。日本絵本賞ほか受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おか さん

    トルストイが厳選したチェーホフ コレクションの中で 特に子供達に読み聞かせしていた作品「少年たち」は子供の頃の冒険心を巧みに表現し 「小さな逃亡」は一人で入院した子供の心の在り様が手に取るようにわかる。子供だけでなく 大昔少女だった私の心も子供の頃を彷彿とさせる物語でした。特に 「小さな逃亡」は幼児の頃 よく入院していた自分の思い出にもつながる、、、一人で入院って ホントにとんでもなく 怖いものだった。

  • Miyoshi Hirotaka さん

    「少年たち」、「小さな逃亡」の二話収録。何でもWebで体験できる今とは違い、百年前は朗読がその代替。新天地への夢や、死に神の恐怖が生き生きと語られる。「少年たち」は、ベーリング海を渡ってカリフォルニアまで冒険しようという話。さすが、ロシアの少年はスケールが大きい。残念ながら近所の市場で冒険は終わるが、妹らも本気で別れを惜しんだり、お土産を期待したりするから可愛い。「小さな逃亡」は一人病院に残される話。初めて見る天然痘や結核患者の死の影に怯え、逃亡するが、森の中で迷い、病院に戻り、安心のあまり卒倒する。

  • mshiromi さん

    《少年たち》誰もが心に抱く冒険やそれに賛同するわくわくする気持ちを感じられると思う。少年少女ともに似た経験を持ち合わせなかったとしたらそれは少し味気ない少年時代だったはず。現代では、本でしか味わえない方が多いだろう。ロシアの少年は吹っ切れた発想をするものだ。《小さな逃亡》7歳の子が病院で不安を感じ、そこから逃げる話。どちらも、静かで的を得た心地よい感情を持ち合わせているよう。

  • ちあき さん

    収録されているのは子どもが主人公の二編。「少年たち」は小さな妹たちの会話、「小さな逃亡」は入院患者たちの描写が生き生きとしていて、すばらしい。トルストイが朗読を好んだというのも、なんとなくうなずける。あと、〈チェーホフ・コレクション〉シリーズの挿絵は正直ピンとこないものが多いのだけど、この本はいいなと思った(アニメーション作家ノルシュテインの娘さんでエカテリーナ・タバーフという人)。

  • おた坊 さん

    19世紀の中二病(笑)・・・。こういう途方もない夢を見て、安易に冒険するのはこの年代ならではですね。偽名使うとか、駅で野宿したことをどや顔で話したり。10年後には赤面間違いナシ。「小さな逃亡」は、7歳の少年の目線での恐怖が感じ、見えるような話でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品