アントーン・クラン

人物・団体ページへ

みつばちのミレイユ にわの小さななかまたち

アントーン・クラン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001153248
ISBN 10 : 4001153246
フォーマット
出版社
発行年月
2001年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20×20cm,26p

内容詳細

花のミツをだいじに集めている、みつばちのミレイユの家にある日、いたずらこびとが忍びこみ、あわてて帽子を忘れていきます。庭に住む虫たちの世界を描くフランス生まれのしゃれた絵本。

【著者紹介】
アントゥーン・クリングス : 1962年生まれ。フランスの絵本作家。父はデンマーク人で、母はフランス人。グラフィック・アートを学んだのち、ウンガロのもとで4年間テキスタイル(布地)のデザインを手がけたという。1994年からスタートした「にわの小さななかまたち」シリーズは、人気を得て、すでに30冊を越え、アニメやCD‐ROMにもなっている

奥本大三郎 : 1944年、大阪生まれ。フランス文学者であるとともに、随筆家、昆虫の採集家としても知られる。『ファーブル昆虫記』の全訳に情熱を注いでいる。読売文学賞を受賞した『虫の宇宙誌』をはじめ、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mahitarou さん

    息子へ再読。絵の可愛さで息子がチョイス。このシリーズは娘も幼稚園のころ大好きだったな〜。シリーズのお友達?が物語の中に登場するので、なぜか全シリーズ読みたくなってしまうのです。息子は小人に対してプンプンしてました。

  • absinthe@読み聞かせメーター さん

    5歳の娘に読み聞かせ。可愛らしいミレイユが、いつのまにか家にいついた小人を撃退するお話。はちみつでキャンディーを作る様子もかわいい。5歳より前に読むべき本だったか?この作者の絵本は可愛らしい絵と裏腹に、どこかシニカルだ。

  • 遠い日 さん

    いっぱい集めたはちみつとキャンディーを、自分が留守の間にこっそり食べられたら、ミレイユでなくても怒るなぁ。ほうきでペチペチされても仕方ないかも。あわてて逃げたこびとの残していった赤いぼうしを、かぶって飛ぶミレイユ、ちょっとおしゃれ。

  • 雨巫女 さん

    小人さん悪い事したら謝りましょう。

  • ゆりこ さん

    【図書館】かわいい!内容の好きさは普通ですが、色使いがすーごく好きなので、ちょっと集めたいなあという感じでした。『かたつむりのマルゴ』も借りて読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品